このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

瀬戸黒茶碗

更新日:2012年12月19日

 室町末期から江戸時代初期に美濃地方(現在の岐阜県多治見市・土岐市)の窯で焼かれていた。
 鉄釉を施し、焼成中に釉薬が溶けている途中で窯から引き出して急冷させ、漆黒色に発色させる。
 裾張りの半筒形で低い削り出し高台を特徴とする。

堺環濠都市遺跡(SKT787地点)出土

 堺市堺区熊野町東2丁
 慶長20年(1615)被災焼土層中より出土。

 参考文献:堺市文化財調査概要報告第98冊

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る