このページの先頭です

本文ここから

百舌鳥八幡宮のくす

更新日:2021年10月15日

指定区分
大阪府指定天然記念物

説明

 「くす」は暖地に多く生育するクスノキ科の常緑樹で、独特の芳香を生じ、市内には約30本の大木が知られています。
 「月見祭」の「ふとん太鼓」で有名な百舌鳥八幡宮(もずはちまんぐう)の本殿向かって右側には、樹勢の極めて旺盛な本樹が神木として祭られています。樹齢(じゅれい)は700年とも800年ともされる古木です。

百舌鳥八幡宮のくすの画像百舌鳥八幡宮のくす

所在地

堺市北区百舌鳥赤畑(もずあかはた)町5丁706
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

百舌鳥八幡宮

特徴・大きさ

胸高径1.8メートル・幹周5.2メートル・樹高25メートル

指定年月日

昭和45年2月20日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで