このページの先頭です

本文ここから

正楽寺山古墳

更新日:2021年10月15日

指定区分
国指定史跡

指定名称

 百舌鳥古墳群 いたすけ古墳・長塚古墳・収塚古墳・塚廻古墳・文珠塚古墳・丸保山古墳・乳岡古墳・御廟表塚古墳・ドンチャ山古墳・正楽寺山古墳・鏡塚古墳・善右ヱ門山古墳・銭塚古墳・グワショウ坊古墳・旗塚古墳・寺山南山古墳・七観音古墳・御廟山古墳内濠・ニサンザイ古墳内濠

内容

 正楽寺山(しょうらくじやま)古墳は、美濃川北岸に位置する円墳で、ドンチャ山古墳と接するように築造されています。
 平成21年度(2009年度)の調査では、墳丘は2段築成で、盛土の状況から中央に埋葬施設が残されている可能性が高まりました。古墳築造時期は、出土した須恵器から6世紀前半の築造であると考えられます。

正楽寺山古墳の画像正楽寺山古墳

所在地

 北区百舌鳥陵南(もずりょうなん)町3丁 (陵南中央公園内)

所有者

 堺市

特徴

 円墳

大きさ

 直径16メートル、高2メートル

時代

 古墳時代(6世紀前半)

指定年月日

 平成26年(2014年)3月18日 統合・追加指定・名称変更

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで