このページの先頭です

本文ここから

親鸞聖人絵伝

更新日:2021年10月15日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

親鸞聖人絵伝の写真(第四幅)

 親鸞聖人の一代記を描いた絵伝で、現在、市内で確認できる最古の親鸞絵伝です。作品は、大和絵の技法による描出で、親鸞の生涯と事跡が四幅に渡って克明に描かれています。真宗の教団では親鸞の肖像画と並んで第一の重宝です。
 この時期「泉南仏国」と呼ばれるほどであった堺における仏教の歴史的状況を示す上でも貴重な資料です。

所在地

堺市堺区神明町東3丁1-46
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

宗教法人 真宗寺

構造

絹本著色

時代

室町時代 文明2年(1470)

法量

縦142.2センチメートル
横81.9センチメートル

指定年月日

平成16年6月24日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで