このページの先頭です

本文ここから

法華経宝塔曼荼羅図

更新日:2021年10月15日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

法華経宝塔曼荼羅図の画像

 法華経宝塔曼荼羅図(ほけきょうほうとうまんだらず)は、画面中央の十層の塔が法華経の経文一字一字によって描かれ、その周囲に法華経の内容を絵にした大変めずらしい曼荼羅です。
 描かれた人物の表情は可憐(かれん)で穏やかであり、各場面には軽快な運筆で藤原末期から鎌倉初期の経絵に共通する洗練された貴族趣味的な感覚が表現されています。
 現在は法華経八巻の七巻目にあたる一幅しか残っていませんが、鎌倉初期にさかのぼる大変貴重な作品です。

所在地

堺市堺区中之町東4丁1-3
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

宗教法人 妙法寺

特徴・大きさ

一幅・紺紙金銀泥・104.6センチメートル×54.0センチメートル

時代

鎌倉時代

指定年月日

平成6年6月24日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで