このページの先頭です

本文ここから

源氏物語図

更新日:2021年10月15日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

源氏物語図右隻

 この作品は、源氏物語の各場面を四季に合わせて一双の屏風に配置した、大変華やかな17世紀の土佐派の作品です。 土佐派は、室町時代のはじめころから幕府や宮廷で肖像画や絵巻の制作に関って活躍していましたが、戦国時代の一時期には堺の上神谷(にわだに)に領地を持ち、17世紀初頭には、光吉(みつよし)・光則(みつのり)の二代にわたって堺に居住するなど堺とのつながりは大変深いものがあります。15世紀の半ばに土佐光信(とさみつのぶ)(生没年不詳)が宮廷の絵所預、幕府の絵師職として春日絵所(工房)を確立しました。
 本図は土佐派の堺時代に制作時期が近く、数少ないこの時期の土佐派の大作として美術史的にも、また、堺と土佐派の関係を探る上でも大変重要な作品です。

所在地

堺市南区豊田1602-1
(堺市博物館寄託)
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

一般財団法人 小谷城(こたにじょう)郷土館

特徴・大きさ

紙本金地著色 六曲屏風 縦151.0センチメートル・横362.4センチメートル

製作年代

江戸時代(17世紀)

指定年月日

平成9年12月15日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで