このページの先頭です

本文ここから

仏涅槃図

更新日:2021年10月15日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

 墨書銘によって、江戸時代・元禄九年(1696)に制作されたことがわかります。京都の商人である施主の谷口法悦(たにぐちほうえつ)は、一族とともに、全国の街道筋に100基以上の驚異的な数の題目塔や仏涅槃図(ぶつねはんず)、板曼荼羅(いたまんだら)などを寄進しており、本図にはこの谷口法悦の名前と合わせて、堺の商人など約855人もの結縁者(けちえんしゃ)の名前が記されています。大幅の涅槃図として保存状態も良く、優れた作品であると同時に、制作当時、堺の町に居住していた人々の信仰のありようを知る上でも大変価値が高い作品です。

所在地

堺市堺区柳之町東2丁2-7
地図情報は「堺市e-地図帳(外部リンク)」をご覧ください。

所有者

宗教法人 月蔵寺(がつぞうじ)

法量

196.1センチメートル×149.4センチメートル

時代

江戸時代 元禄9年(1696)

指定年月日

平成24年4月26日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで