このページの先頭です

本文ここから

薬師如来坐像

更新日:2021年10月15日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

薬師如来坐像の画像

 市域の本尊仏の中で、平安後期の定朝様を継承した早い時期の作例であり、半丈六(はんじょうろく)を測る大きさの坐像としても市内では極めて稀で貴重です。
 この平松寺(へいしょうじ)のある小寺(こでら)地区をはじめ美原区域は、これまで仏教文化の先進地域とはみなされてはきませんでしたが、本像のような大型仏が伝来している上でも、仏教が平安期にはすでに根付いていたと想定でき、今後の堺市東部地域における仏教文化のありようを探る上でも貴重な一例です。

所在地

堺市美原区小寺2
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

宗教法人 平松寺

構造

寄木造

法量

像高 174.2センチメートル

指定年月日

平成18年4月20日

時代

平安時代後期

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで