災害に備えて

地球温暖化を原因とする記録的な大雨や台風の発生などによる被害が激しさを増しています。
また、いつ起きてもおかしくないとされる南海トラフ巨大地震や、上町断層帯地震などの発生が懸念されています。
さまざまな自然災害が起きたとき、少しでも被害を小さくするためには日頃の備えが必要です。

現在発生している災害情報

開設中の避難所、発令している避難情報などはこちらで確認してください。

住民避難ガイドを活用しましょう

市民のみなさん一人ひとりが、自宅や職場周辺地域の災害リスクを今一度確認し、避難する時の準備や災害ごとにとるべき適切な行動の参考にすることができるよう、住民避難のガイドを作成しました。
避難所での新型コロナウイルス感染症への対策についても掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

住んでいる場所の災害リスクを知っておきましょう

災害の種類や住んでいる場所などによって災害時に取るべき行動が異なります。

住んでいる場所の災害リスクを区別防災マップやハザードマップで確認しておきましょう。
区別防災マップはこちら
ハザードマップ(内水・土砂災害・洪水)はこちら
ハザードマップ(津波)はこちら

災害発生時に正確な情報を入手できるよう備えておきましょう

 災害発生の恐れのある場合、堺市や国などから、防災行政無線屋外スピーカーや、テレビのデータ放送、ラジオ、携帯メール、インターネットなどを通じて、避難情報や防災情報などを市民の皆様に伝達します。堺市では、災害発生時に、どのような状況であっても、正確な情報を入手いただき、適切な避難行動につなげていただけるよう、多様な伝達手段を活用することを基本としています。

主な情報伝達方法

堺市防災情報システム

大規模災害時に避難所開設情報や生活支援情報を発信します。
堺市防災情報システムはこちら

緊急速報メール(エリアメール)

災害発生時における避難勧告・避難指示(緊急)などの緊急情報を堺市内の携帯電話に一斉に配信します。
受診可能な機種であれば、登録などの必要はありません。
受信可能な機種については、販売店にお問い合わせいただくか、各携帯電話会社のホームページでご確認ください。

おおさか防災情報メール

事前にメールアドレスを登録することで、各種気象情報(警報など)、台風、地震、津波、土砂災害警戒情報、避難勧告・避難指示(緊急)などの情報が携帯電話に配信されます。
touroku@osaka-bousai.net」に空メールを送信すると登録手続きを行うことができます。
詳しくはこちら(大阪府ホームページ)をご覧ください。

Yahoo!防災速報(アプリ・メール)

緊急地震速報や避難勧告・避難指示(緊急)などの情報のほか、避難所開設情報や支援情報をお知らせします。
ダウンロードはこちら(Yahoo!ホームページ)から

地上デジタルテレビのデータ放送

災害時に堺市から発令される避難勧告・避難指示(緊急)などの情報や避難所開設情報をテレビのデータ放送で見ることができます。また、気象情報や河川水位や雨量データも確認できます。
【NHK総合テレビの場合】

  1. チャンネルをあわせ、リモコンの「d」ボタン(データ放送)を押します。
  2. リモコンで「防災・生活情報」を選択し、「決定」ボタンを押します。
  3. 確認したい情報を選択し、「決定」ボタンを押します。

防災スピーカー

津波や河川氾濫、土砂災害のリスクが高い地域を中心に設置し、気象警報や避難情報などをお知らせしています。
また、防災スピーカーで放送した気象警報や避難に関する情報などを電話で聞き直すことができる防災情報聞きなおしサービスを行っています。防災スピーカーの放送が聞こえにくかった場合に活用してください。
電話番号 0180-99-7333
※通話料金がかかります

堺市危機管理室ツイッター

災害の状況や避難に関する情報、被害状況、市の活動体制など災害に関する情報を発信しています。
堺市危機管理室ツイッター

堺市公式LINEアカウント

市政・イベント情報のほか、災害時には緊急情報などを発信します。
詳しくはこちら(堺市ホームページ)をご覧ください。

参考リンク

災害ごとに取るべき適切な行動を確認しましょう

災害の種類や住んでいる場所などによって災害時に取るべき行動が異なります。
避難行動には避難所へ避難するほか、自宅など屋内の安全な場所に避難すること(在宅避難)や安全な場所にある友人や知人宅へ避難すること(分散避難)など様々な避難行動があります。

風水害(台風や大雨など)における避難行動

風水害時の避難行動

地震や津波における避難行動

地震・津波時における避難行動

参考リンク

避難先を確認しておきましょう

自宅等が危険な区域にある場合など、安全な場所への移動が必要な場合、事前に避難先を確認しておきましょう。

・自宅が安全な場合は建物の上階など自宅内の安全な場所に避難(在宅避難
・安全な場所にある友人・知人宅などへ避難(分散避難
・市が開設する避難所へ避難

(参考)避難所について

小中学校などのいわゆる「避難所」には、2つの性格があります。
「緊急避難場所(指定緊急避難場所)」と「生活避難所(指定避難所)」です。

「緊急避難場所(指定緊急避難場所)」…台風や土砂災害など緊急一時的に危険から逃れるために使用する場所のことで、数時間、長くても数日避難する場所のこと

「生活避難所(指定避難所)」…洪水や土砂災害、地震や津波により家を失った際に、数週間や数か月避難して生活を行う場所のこと

なお、津波の場合、遠い場所への避難が困難な場合、津波避難ビル(指定緊急避難場所)へ避難することができます。

新型コロナウイルス感染症対応時における避難所への避難について

コロナ禍における避難所では、感染拡大を防止するため、受付を設け、検温や健康状態の確認をさせていただきます。健康状態に応じ、避難所内の別室に移動してもらう場合がありますのでご協力をお願いいたします。
また、避難する際は、マスク、消毒液、上履き(スリッパなど)を持参するようにしてください。

受付時のお願い

避難所での受付の際に市職員による体温測定や避難スペースの振り分けを実施します。受付チェックシートの記入とともにご協力をお願いします。

避難所におけるスクリーニングフロー

手洗いや消毒、咳エチケットの徹底

厚生労働省作成のリーフレットを避難所内に掲示するなど、避難者だけでなく避難所の運営に携わる人もこまめな手洗いや手指消毒、咳エチケットを徹底していただきます。

スペースの確保、定期的な換気の実施

避難者同士の密接・密集を回避するために十分なスペースを確保するほか、密閉を回避するため、定期的に十分な換気を実施します。

また、避難所における感染拡大防止を目的に、「別冊 堺市避難所運営マニュアル(新型コロナウイルス感染症対策編)」を策定しましたので、避難所での感染対策にご活用ください。

日頃からの備えを行いましょう

家庭備蓄に努めましょう

 非常に広い地域に被害を及ぼす南海トラフ巨大地震などが発生すると、電気・ガス・水道といったライフラインが停止し、復旧までに時間がかかる可能性が高くなります。
 また、食料品の流通、生産が混乱し、入手が困難になることが想定されます。そのような事態に備えるため、家庭でも1週間分以上の食料や飲料水などを備蓄しておきましょう。

食べながら備える「ローリングストック」

 1週間分の家庭備蓄は量が多くてかさばることや、気が付いたら保存食の消費期限が切れて廃棄したといったことの心配もあります。
 そこで、普段食べている消費期限の長い食品を、普段から少し多めに購入し、消費した分を買い足すことを繰り返して備蓄する「ローリングストック」という方法があります。うまく組み合わせて備蓄に努めましょう。

非常用持ち出し品

緊急に避難しなければならない場合に備えて、避難時に持ち出す必要最低限の物をリュックなどに入れて、すぐ持ち出せる場所に用意しておきましょう。
また、避難所での新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、可能な限りマスクや消毒液、体温計や上履き(スリッパなど)も持ち出すようにしましょう。

非常持ち出し品(避難の際に持ち出す物)の例

地域で防災に取り組みましょう

(参考)気象庁e-ラーニング教材「自らの命は自らが守る」

的確な避難を行うために、必要なことを、5つのステップに分けて、動画で学習できます。
それぞれの動画は15分から20分程度です。
e-ラーニングで楽しく学ぶ「自らの命は自らが守る」(気象庁ホームページ)