このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

個人情報の保護

更新日:2012年12月19日

制度の概要

 昨今の情報通信技術の飛躍的な発展は、社会生活に豊かさや便利さをもたらしている半面、個人情報の収集や利用が本人の予期しない方法で行われたり、個人情報の漏洩があった場合には、個人に取り返しのつかない被害を及ぼす恐れがあります。そこで、市民の皆様が不安を感じることのないよう、これらの状況に適切に対処できる個人情報の保護対策が必要とされています。
 このような中、堺市では平成15年4月から「堺市個人情報保護条例」を制定し、市が保有する個人情報の開示、訂正、削除及び中止を請求する権利を明らかにするとともに、個人情報の適正な取扱いの確保に関し必要な事項を定めることにより、市政の公正で適正な運営と個人の権利利益の保護を図っています。

基本原則

市が取り扱う個人情報の保護措置の実施

  • 自己情報の開示、訂正、削除及び中止の請求権の保障
  • 個人情報保護にかかる施策の推進

個人情報とは

氏名、住所、生年月日、職業、収入など個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるもの。(他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができるものを含みます。)ただし、法人等の役員に関する情報や事業を営む個人の当該事業に関する情報を除きます。

個人情報を適正に扱うための主なルール

1 個人情報取扱事務の届出

個人情報を取り扱う事務については、その目的、対象者の範囲、情報の項目などを市長へ届け出ることを義務付け、市政情報センターでその内容を閲覧できます。

2 収集に関する制限

個人情報を収集するときは、その目的を明らかにし、適法で公正な手段により必要最小限の範囲で、直接本人から収集することを原則とします。

3 利用と提供に関する制限

原則として、事務の目的の範囲を超えて個人情報を内部で利用したり、外部に提供しません。

4 適正管理

個人情報は正確かつ最新の状態を保つように努め、漏洩、滅失及びき損等のないよう適正に管理し、不要になった情報は確実かつ速やかに廃棄又は消去します。

5 電子計算機処理に関する制限

原則として、個人情報を取り扱う事務について電子計算機処理を開始又は重要な変更をしようとするときは、あらかじめ必要な事項について個人情報保護審議会の意見を聴きます。

6 電子計算機の結合の制限

個人情報の電子計算機処理について、原則として市以外のものとの間において通信回線による電子計算機の結合を行いません。

7 外部委託に関する措置

個人情報の取扱いを伴う事務を委託するときは、受託者に市に準じた個人情報の保護措置を講じます。

8 罰則

職員、市への派遣職員及び市の委託業者は個人情報を漏らしたり不当に使用した時には罰則を受けます。

詳細は個人情報保護制度のページをご覧ください

このページの作成担当

市長公室 広報部 広報課
電話:072-228-7402 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る