このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

こんなときは14日以内に届け出を

更新日:2017年8月8日

 次のようなときには、世帯主の方は、必ず14日以内にお住まいの区の区役所保険年金課に届け出をしてください。

こんなとき 届出に必要なもの
国保に入るとき 堺市に転入したとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • (※1)
他の健康保険をやめたとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 健康保険資格喪失証明書など(やめた健康保険の喪失日がわかるもの)
  • (※2)
子どもが生まれたとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 母子健康手帳など(出産が確認できるもの)

出産育児一時金の支給についてはこちらをご覧ください。)

生活保護を受けなくなったとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 生活保護廃止(停止)通知書
国保をやめるとき 他の市町村に転出するとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
他の健康保険に入ったとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
  • 新しく加入した健康保険の被保険者証(世帯全員分)
死亡したとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※2)
  • 埋火葬許可証または死亡診断書など(死亡が確認できるもの)

葬祭費の支給についてはこちらをご覧ください。)

生活保護を受けるようになったとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
  • 生活保護開始通知書
その他 住所、氏名、世帯主などに変更があったとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
修学のため親元の住居を離れるとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
  • 学生証など(学生であることを証明するもの)
退職者医療の対象となったとき(退職者医療制度についてはこちらをご覧ください。)
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 国保の被保険者証(※3)
  • 被用者年金証書など
被保険者証・高齢受給者証をなくしたとき
  • 印かん(朱肉を使うもの)
  • 本人であることを証明するもの(運転免許証、パスポートなど)

※1 「特定同一世帯所属者異動連絡票」及び「旧被扶養者異動連絡票」をお持ちの方はあわせて持参してください(特定同一世帯所属者についてはこちらをご覧ください。)(旧被扶養者についてはについてはこちらをご覧ください。)。
※2 国民年金以外の被用者年金を受給している64歳以下の方は被用者年金証書を持参してください。
※3 被保険者証のほかに高齢受給者証や限度額適用認定証などがあれば、あわせて持参してください。また、同じ世帯の後期高齢者医療制度の被保険者に転出などの異動がある場合は、後期高齢者医療制度の被保険者証も持参してください。

加入の届け出が遅れると

 14日以内に届け出をしなかった場合でも、保険料は国保に加入する資格が発生した月の分までさかのぼって納めていただくことになります。
 また、その間の医療費は、緊急その他やむを得ない理由があると認められる場合を除き、全額自己負担になります。

(例) 8月1日に他の健康保険を脱退し、12月10日に国保加入の届け出をした場合

(1) 保険料は、8月分までさかのぼって計算されます。

(2) 8月1日から12月9日までの期間の医療費は全額自己負担になります。

脱退の届け出が遅れると

 国保の資格がなくなったあとに、国保を使って受診した場合は、国保がいったん負担した医療費を返していただくことになります。また、他の健康保険に加入したときに、保険料が国保の保険料と二重払いになってしまうことがあります(この場合、納付された国保の保険料は、時効によりお返しできなくなることがあります。)。

問い合わせ

国保についてのお問合わせはこちらへ(各区保険年金課への問い合わせ先一覧)

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 国民健康保険課
電話:072-228-7522 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る