このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

大規模太陽光発電所(メガソーラー)への取り組み

堺市と関西電力との共同事業(堺市:普及啓発、関西電力:建設・運営)である堺太陽光発電所は、平成23年(2011年)9月7日に全区画運転を開始しました。その発電出力は10メガワット(1万キロワット)で、全国で初めて電力会社によって営業運転を開始したメガソーラーです。

「環境モデル都市」である堺市では、将来にわたって「快適な暮らし」と「まちの賑わい」が持続する低炭素都市『クールシティ・堺』の実現に向けて、この堺太陽光発電所を、まち全体で太陽エネルギーを活用する「まちなかソーラー発電所」事業の重要施策と位置付けて推進してきました。

堺市では、今後も、堺太陽光発電所をフラッグシップ(旗艦)として太陽光発電設備等の導入促進に努め、「まちなかソーラー発電所」の拡大を図っていきます。

堺太陽光発電所の航空写真

1.堺太陽光発電所の概要

所在地

堺市西区築港新町4丁5、6の一部
(堺第7-3区内、大阪府所有地)

面積

約21ヘクタール

発電出力

10メガワット(10,000キロワット)

発電電力量

1年あたり 約1,100万キロワットアワー 
(約3,000世帯分の電力を賄える量)

CO2(二酸化炭素)削減量

1年あたり 約4,000トン

運転開始

平成23年9月7日(全区画)

使用パネル

約7.4万枚
(シャープ株式会社薄膜型太陽電池モジュール)

2.事業経過

平成20年(2008年)

6月

メガソーラー発電計画の発表


9月

平成20年度地域新エネルギー等導入促進対策費補助金の交付決定を受ける


9月

堺市メガソーラー推進協議会の設立

平成21年(2009年)

1月

堺市が「環境モデル都市」に選定される


12月

工事着工

平成22年(2010年)

10月

第1区画の営業運転開始

平成23年(2011年)

3月

第2区画の営業運転開始


9月

全区画の営業運転開始
報道提供資料はこちら(PDF:46KB)

3.関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。関西電力の今後の取組(堺太陽光発電所リアルタイム情報)についてはこちらへ(関西電力ウェブサイト)

4.見学についての問い合わせ

公益社団法人堺観光コンベンション協会 電話:072-233-6601

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る