このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

大寺縁起

更新日:2016年5月13日

指定区分
重要文化財

説明

大寺縁起
大寺縁起

 大寺とはかつて開口(あぐち)神社の神宮寺であった念仏寺の通称で、堺の人々は開口神社のことを「大寺さん」と呼んでいます。本縁起は元禄3年(1690年)に制作された三巻より成る縁起絵巻で、絵は土佐光起(とさみつおき)の筆、詞書は関白近衛基煕(このえもとひろ)をはじめとした25人の公家による寄合書となっています。
 絵巻の上巻には開口社の草創と住吉社との関連が述べられ、中、下巻では念仏寺を開いたとされる行基の生涯を、そして最後に開口社に住む天狗三村坊(みむらんぼう)の伝承が記されています。
 絵の作者である土佐光起の祖父光吉、父光則は、16世紀の後半から17世紀の前半にかけて堺を拠点に活動を続けていました。堺に生まれた光起は、寛永11年(1634年)に光則とともに京に帰り、近世土佐派の再興に力を尽くします。本絵巻は天正年間(1573~1592年)に焼失した原本の復元を意図して企画された作品で、光起の手になる丹念な下絵が別に残されており、堺ゆかりの絵師による記念碑的な大作の絵巻として大変貴重です。

大阪府指定有形文化財 大寺縁起下絵 のページ へ

所在地

堺市堺区甲斐町東2丁1-29
(大阪市立美術館寄託)
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

宗教法人 開口神社

特徴・大きさ

紙本著色 三巻
上巻 35.0センチメートル×2,300.5センチメートル
中巻 35.0センチメートル×2,407.5センチメートル
下巻 35.0センチメートル×2,144.5センチメートル

時代

江戸時代 元禄3年(1690年)

指定年月日

明治43年4月20日指定

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る