このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

被保険者証について

更新日:2015年4月1日

 国保に加入している方を被保険者といいます。被保険者には、「国民健康保険被保険者証(被保険者証)」を交付します。被保険者証は、国保に加入しているという証明書です。正しく使い、大切に保管しましょう。
 また、70歳から74歳までの方には、被保険者証とは別に、一部負担金の割合を表示した「国民健康保険高齢受給者証(高齢受給者証)」を交付します。
高齢受給者証については、こちら(70歳から74歳までの方の医療)をご覧ください。

被保険者証は正しく使い、大切に保管しましょう

交付されたら、記載内容に間違いがないか確認してください

 間違いがあった場合は、自分で書き直さずにお住まいの区の区役所保険年金課に届け出てください。

医療機関にかかるときは、必ず窓口に提示してください

 被保険者証の提示がないと、医療費の全額をお支払いいただくことになります(※)。また、高齢受給者証(70歳から74歳までの方)や公費負担の医療証をお持ちの方は、被保険者証とあわせて提示してください。コピーしたものは使えません。
※ 一定の条件に該当する場合は、申請により保険給付の割合に応じて療養費の支給を行ないます。

国保の資格がなくなった日以降は無効となり、使えません

 市外へ転出した場合は転出日、会社など他の健康保険に加入した場合は加入日の翌日、生活保護を受けるようになった場合は生活保護の開始日に国保の資格はなくなり、その日以降、被保険者証は使えません。このような被保険者証を使用して診察を受けた場合は、国保がいったん負担した医療費を返していただくことになります。

被保険者証を紛失したり汚したりした場合は、再発行ができます

 再発行は、お住まいの区の区役所保険年金課に届け出てください。
 なお、外出先での紛失や盗難にあった場合は、犯罪に使われるおそれもありますので、区役所への再発行の届け出とは別に、警察署に紛失の届け出をしてください。

交通事故などで国保を使って治療を受けるときは、届け出が必要です

 交通事故など、第三者(加害者)から受けたケガについて、国保を使って治療を受けるときは、必ずお住まいの区の区役所保険年金課に届け出てください。この届け出がないと、国保からの給付が受けられない場合があります。

禁止!! 他人との貸し借りは犯罪です

 被保険者証を他人に貸したり、また、他人から借りたりして不正に使用した場合は、貸した人も借りた人も刑法上の詐欺罪にあたり罰せられます。

臓器提供の意思表示について

 臓器移植に関する法律が改正され、移植医療に対する理解を深めていただくことができるよう、被保険者証に「臓器提供に関する意思表示欄」を設けることができるようになりました。(記入は任意です。
 被保険者証以外に意思表示をしたい場合や、被保険者証の意思表示欄が足りない場合は、意思表示カード・運転免許証・インターネットでも意思表示ができます。詳しくは下記の窓口にお問い合わせください。

被保険者証の裏面をご覧ください。 臓器提供意思表示欄 以下の欄は、臓器提供に関して、任意で記入する欄です。記入する場合は、1から3のいずれかを○で囲んでください。1.私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植の為に臓器を提供します。2.私は、心臓が停止した死後に限り、移植の為に臓器を提供します。3.私は、臓器を提供しません。《1 又は 2 を選んだ方で、提供したくない臓器があれば、×をつけてください。》【心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球】〔特記欄: 〕署名年月日 年 月 日 本人署名(自筆): 家族署名(自筆):

臓器提供に関するお問い合わせ先

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益社団法人日本臓器移植ネットワーク

フリーダイヤル:0120-78-1069 ファックス:03-6441-2792

問い合わせ

国保についてのお問合わせはこちらへ(各区保険年金課への問い合わせ先一覧)

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 国民健康保険課
電話:072-228-7522 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る