このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

2.患者数

更新日:2012年12月19日

1)把握された患者数

対策本部によって構築されたデータベースにより把握された大腸菌O157の感染を受けたと推測される者は、医療機関に受診した患者12,680名、有症状者14,153名、検便陽性者2,764名であった(実人員16,111名)。
上記の「医療機関に受診した患者」「有症状者」「検便菌陽性者」の人数分布は、図2-1に示すとおりである。

図2-1 感染を受けたと推測される者の種類別人数

医療機関に受診した患者12,680名

有症状者 14,153名

検便菌陽性者 2,764名

  1. 症状不明の者の人数 1,152 名
  2. 有症状者のみの人数 2,967 名
  3. 検便菌陽性者のみ(無症状菌陽性者)の人数 392 名
  4. 患者かつ有症状者の人数 9,228 名
  5. 検便陽性者で症状不明の者の人数 414 名
  6. 有症状者かつ検便陽性者の人数 72 名
  7. 患者かつ有症状者かつ検便陽性者の人数 1,886 名

総数 16,111 名

2)大腸菌O157の罹患が確実であると判断された患者数

(1)患者の定義

学校給食による大腸菌O157の罹患が確実であると判断された患者とは、入院した全ての患者。多発校の学童、あるいは教職員、また多発校学童、あるいは教職員の家族で、腹痛、下痢、血便のうちいずれかの症状を有した者。
感染経路が明らかでない一般市民の患者で、大腸菌O157の患者に固有の症状として血便を有した者、あるいは腹痛、下痢を有した者で菌陽性であった者である。
多発校とは、各学校の学童患者数が、出席学童数の5%以上であった学校である。
堺市の区域別の多発校、非多発校の学校数は表2-1に示すとおりである。

表2-1 区域別多発校・非多発校数(単位 校)
区域 多発校 非多発校 総数
0 17 17
西 0 14 14
8 9 17
5 4 9
13 0 13
21 1 22
総数 47 45 92

※92校の内訳
小学校 90校
養護学校 2校(内分校1校)

(2)患者の内訳

学校給食による大腸菌O157の罹患が確実であると判断された患者の人数は、総数9,492名であった。
(表2-2、表2-3、表2-4、表2-5)
その内訳は以下のとおりである。

  • 多発校学童・教職員 7,936名 (83.6%)
  • 多発校学童・教職員の家族 1,180名 (12.4%)
  • 一般市民 376名(4.0%)

なお、患者数については、9,492名以外に学童3名、教職員27名、一般市民1名の市外居住者が存在した。
これらを含めると、患者総数9,523名である。
上記のうち、菌陽性者は1,889名、入院患者は791名 (多発校学童・教職員668名、多発校学童・教職員の家族60名、一般市民63名) である。
また、入院患者のうち溶血性尿毒症症候群 (HUS) 発症者121名 (多発校学童106名 [死亡3名を含む] 、多発校学童家族8名、一般市民7名;完全型42名、不完全型79名) であった。
(表2-2、表2-3、表2-4、表2-5)

表2-2 区域別年齢別多発校学童・教職員患者数 (単位 名)
年齢区分

乳児 幼児 学童 中学生 16から29歳 30から49歳 50歳以上 総数
学校区域







西









1016

7 4 1027


793



793


2175

10 4 2189


3905

18 4 3927
総数

7889

35 12 7936
表2- 区域別年齢別多発校学童・教職員の家族患者数 (単位 名)
年齢区分

乳児 幼児 学童 中学生 16から29歳 30から49歳 50歳以上 総数
学校区域







西

1



1
4 60 7 19 6 52 1 149
1 36 3 20 1 41 1 103
13 154 4 43 9 136 5 364
24 226 21 62 25 200 5 563
総数 42 476 36 144 41 429 12 1180
2-4 区域別年齢別一般市民患者数 (単位 名)
年齢区分

乳児 幼児 学童 中学生 16から29歳 30から49歳 50歳以上 総数
学校区域







西 2 19 30 5 12 10 11 89
3 15 17 3 8 7 8 61
5 22 11 5 12 7 12 74
1 6 7 3 7 8 3 35
3 13 2 4 19 13 10 64
総数 16 96 71 24 70 49 50 376
表2-5 区域別・症状別・菌所見別患者数 (単位 名)
症状/菌

腹痛 下痢 血便 O157陽性 総数
学校区域 63 80 72 20 89
西 34 54 47 22 62
1087 1162 461 279 1250
819 874 341 206 931
2261 2463 885 586 2606
4022 4287 1660 776 4554
総数 8286 8920 3466 1889 9492

区域別年齢別患者数

堺市学童集団下痢症対策本部組織体系
本部長 副部長 本部員 所管部門 チーフ
市長 助役 総務部長 情報収集担当 地域医療課長・教育学務課長
衛生部長 報道担当 衛生部次長・教委総務部次長

(三者連絡調整会議)

(原因究明プロジェクトチーム) (国・府・市)
助役 市民部長 市民会議 自治振興課長
民生総務部長 所管に係る部門に対する指導・啓発
商工部長

水道局業務部長

泉北保健所長 市民相談担当 泉北保健所長・教委総務課参事
教育長 学校教育部長 教育委員会に係る全体の調整 学校教育部次長
施設部長


(医療費・生活費対策プロジェクトチーム)
教育次長 教委総務部長 渉外担当 教委総務課長代理

(人権問題対策プロジェクトチーム) 人権啓発局啓発部長
環境保健局長 衛生部長 総括 衛生部長・教委総務部長


連絡員 衛生部参事・環境衛生課長


教委学校教育部次長・教委総務課長

検査担当 衛生研究所長
環境事業部長 消毒防疫担当 環境衛生課主幹・教委施設課長
財務部長 庶務担当 環境保健総務課長
環境保全部長 公共用水域病原性大腸菌調査
堺病院長 堺病院理事 医療担当 中保健所長
児童福祉部長 二次感染防止担当 鳳保健所長・地域保健課長
衛生部長 (啓発班) (地域保健課予防係長)
消防警備部長 搬送担当 救急救助課長


(保健予防プロジェクトチーム)
(市立堺病院・大阪府保健所・大阪大学・本市保健所の各医師)

問い合わせ先

調査に関すること
健康福祉局 健康部 保健所 食品衛生課
電話:072-222-9925  ファックス:072-222-1406
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

感染に関すること
健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933  ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 健康医療推進課
電話:072-222-9936 ファックス:072-228-7943
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る