このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アニサキスによる食中毒について

更新日:2018年6月19日

アニサキスとは?

アニサキスとは、海産の魚介類に寄生する寄生虫です。
体長2~3センチの白色糸状で、幼虫が魚に寄生します。
主にサバ、サンマ、カツオ、イカ、イワシなどの内臓の表面に、渦巻き状になって寄生していますが、筋肉(魚肉)の中に存在することもあります。

どんな食べ物が原因になる?

刺身、酢じめ、醤油漬け、にぎり寿司などで、魚介類を生食したことが原因で起こっています。

※通常の料理で使う程度のワサビ、醤油、レモン、酢、塩などでは、アニサキスは死にません。

どんな症状がでる?

アニサキスの幼虫が生きたまま人の胃や腸壁に侵入することで、多くの場合食べてから8時間以内に、激しい腹痛が起こります。
嘔吐やじんましん等の症状を伴うこともあります。

どうやって予防する?

  • 加熱調理が最も効果的です。アニサキスは熱に弱いため、十分加熱すれば死滅します。
  • マイナス20℃以下24時間以上冷凍すると死滅します。
  • 魚介類を生食する場合にはより新鮮なものを選び、処理する場合には新鮮なうちに速やかに内臓を取り除きましょう。

  アニサキスは主に内臓の表面に寄生していますが、鮮度が落ちると虫体が内臓から筋肉へと移行すると報告されています。

  • 調理の際には虫体が付いていないか、明るい場所でよく見て確認しましょう。

※参考※

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【外部リンク】厚生労働省ホームページ「アニサキスによる食中毒を予防しましょう」

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 食品衛生課
電話:072-222-9925 ファックス:072-222-1406
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る