このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

黒姫山古墳

更新日:2012年12月19日

黒姫山古墳の上空写真

前方部中央に竪穴式石室がある、珍しい構造

百舌鳥古墳群と羽曳野市・藤井寺市に広がる古市古墳群の中間に位置する、全長約114メートル、高さ約11メートルの前方後円墳で、5世紀の中ごろに築造されたと考えられています。前方部の竪穴式石室からは、国内最多の24領の鉄製甲冑などが出土しました。
出土した鉄製の甲冑は、現在、堺市立みはら歴史博物館で展示されています。

黒姫山古墳について詳しくはこちらへ


▲ガイダンス施設

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る