このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

陵南赤山古墳

更新日:2012年12月19日

よみがな

りょうなんあかやまこふん

所在地

堺市北区百舌鳥西之町1丁

百舌鳥西之町にある堺市立百舌鳥支援学校の正門付近にあった円墳です。
古くに破壊され、古墳のあった場所がわからなくなっていましたが、昭和48年(1973年)、道路工事中に多量の埴輪が出土したため、工事を一時中断して発掘調査を行い、その位置や規模・かたちが確認されました。

発掘調査をした時には、墳丘はすでに4分の3はなくなっていましたが、直径約20mの規模で、約2mの高さまでが確認されました。

東側には、埴輪列で区画した一辺2.2mの方形の造出しがあります。

主体部は残っていませんでした。

墳丘の裾には埴輪列がめぐり、墳丘には形象埴輪片が散乱していました。

葺石もあり、造出しの埴輪列の内側からは、家や馬の埴輪・須恵器の甕が出土しています。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る