このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

地蔵菩薩立像

更新日:2012年12月19日

指定区分
大阪府指定有形文化財

説明

地蔵菩薩立像の画像

 一石のやや硬質の砂岩から、舟形の光背とともに彫り出された地蔵菩薩で、真言宗善龍寺の門の東側に位置する小堂に安置されています。善龍寺は行基の開いた四十九院の一つに数えられる清浄光院の跡と伝えられ、叡尊(えいそん)ゆかりの寺院でもあります。
 光背には「建武二年乙亥八月晦」「願主沙弥西念仲八又三郎」等の銘文が刻まれ、建武2年(1335年)にこの像が制作されたことがわかります。
 頭の大きさに比べて体部はつまり気味ですが、台座の蓮弁の表現や衣文線は力強く明瞭で、優れた作行きを示しています。

所在地

 堺市北区長曽根町661

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」をご覧下さい。

所有者

 宗教法人 善龍寺

特徴・大きさ

 砂岩 一躯 像高118.0センチメートル 幅40.0センチメートル 厚30.0センチメートル

時代

 南北朝時代 建武2年(1335年)

指定年月日

 昭和40年2月12日指定

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る