このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

利用案内

更新日:2017年3月18日

開館時間 午前9時から午後5時15分(ホールの利用が有る場合は、午後9時まで)
展示室の入場は、午前9時30分から午後4時30分
休館日等 月曜日(祝日のときは開館し火曜日休館)、祝日の翌日(土曜・日曜日、祝日のときは開館)
年末年始

展示室
入館料

常設展(ミニ展):200円
特別展:500円
企画展:300円

  • 博物館展示室以外のご利用の場合は、展示室入館料は必要ございません。
  • 中学生以下、65歳以上、障がいのある方は無料(入館の際、年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示願います。)
  • 20人以上の団体、または優待割引の会員証かカードの提示で、2割引でご入館いただけます。(団体でのご観覧は、事前にご相談ください。)
  • 毎月第3土曜日は子どもファーストデイのため、子どもファーストデイクーポンの提示で小学生・中学生及び同伴の保護者の観覧料が無料になります。クーポンは大阪府(子どもファーストデイ)のウェブサイトでご入手ください(外部リンク)
その他 駐車場有(無料)・喫茶店有
所在地 堺市美原区黒山281番地 地図はこちらへ(堺市e-地図帳)(外部リンク)
問合せ お問い合わせはこちらへ(みはら歴史博物館)

みはら歴史博物館へのアクセス

みはら歴史博物館周辺地図

交通アクセス

公共交通機関でお越しの場合

  • 近鉄南大阪線河内松原かわちまつばら駅から近鉄バス余部あまべ行き・「大保だいほ」下車徒歩すぐ
  • 南海高野線初芝はつしば駅から南海バス美原区役所みはらくやくしょ行き・「下黒山西しもくろやまにし」下車徒歩600メートル
  • 南海高野線北野田きたのだ駅から南海バスまたは近鉄バス・多治井たじい方面行き「黒姫山古墳前くろひめやまこふんまえ」下車徒歩すぐ

自動車でお越しの場合

平成29年3月に向陵多治井線の西側の交差点に信号が設置されました。これにより国道309号線を北進される場合も右折が可能となりました。歩行者等に気を付けて博物館に進入していただきますよう、ご協力をよろしくお願いします。
 

※当館へのお越しいただく道順を、各方面別に、簡単にですがご案内させていただきます。
 なお、当館の駐車場には限りがございますので、出来るだけ、鉄道、バスなどの公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。

堺市街方面からお越しの場合

 中央環状線(府道2号線)を東に進んでいただき、「丹南」という交差点を右折して、国道309号線を南に進んでいただきます。
 1キロメートルほど進んでいただきましたら、右の写真の赤い丸で囲んだ看板がございますので、次の角を左折していただき、300メートルほど進んだ左側に、当館入口がございます。

羽曳野・八尾方面からお越しの場合

 府道36号線(阪和自動車道の下道)を高石方面に進んでいただき、左角に大きな駐車場のある「ファミリーマート」さんのある「美原北小南」交差点を通過していただきますと、左の写真の高架がございますので、側道にお進みください。
 すぐに真ん中の写真の信号がございますので、右折を2回して、Uターンをしてください。
 Uターンをして頂きましたら、右の写真の信号がございますので、左折していただきますと、すぐ右手に当館入口がございます。
 

富田林・河内長野方面からお越しの場合

 国道309号線を北に進んでいただき、左側の写真の阪和自動車道の下道との交差点の「下黒山」交差点を右折していただき、府道36号線(阪和自動車道の下道)に進んでいただきます。
 3つ目の信号が右の写真の交差点になりますので、左折していただきましたら、すぐ右手に当館の入口がございます。

泉北・高石方面からお越しの方

 府道36号線(阪和自動車道の下道)を東に進んでいただき、左側に「大阪トヨペット」さんが見えましたら、まもなく、左の写真の高架が見えてきますので、側道にお進みください。
 5つ目の信号が、右の写真の交差点になりますので、左折していただきますと、すぐ右手に当館入口がございます。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 みはら歴史博物館
電話:072-362-2736 ファックス:072-362-2260
〒587-0002 堺市美原区黒山281

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る