ふるさと納税で図書館児童資料の充実にご協力をお願いします

最終更新日:2017年11月7日

えほんとの出会いと親と子のふれあいを!!

お知らせ

寄附のお願い

 堺市立図書館では、乳幼児期から青少年期まで子どもたちが読書に親しむための事業や保護者への啓発活動を実施しています。次世代を担う子どもたちのため、絵本を中心とした児童資料の充実をはかることで、親と子が絵本をとおしてふれあい、子育て世代同士の交流となる場をつくるため、寄附を募集することとなりました。

これまでの図書館の取組について

絵本のプレゼント

 乳幼児期から絵本に親しむことで、想像力や知的好奇心が育まれ、心が豊かになります。堺市立図書館では、「絵本から広がる家庭での親子ふれあい事業」として、各保健センターにおいて実施している絵本のプレゼントの機会などをとらえ、ボランティアと協働で、絵本をとおした赤ちゃんとのコミュニケーションなどについて、保護者に啓発しています。

活用方法について

えほんのひろば

 皆さまからいただきました寄附金は、絵本などの児童書を充実し、子育て中の保護者を支援するための事業に活用します。
・0歳児から5歳児用の図書を購入、パックにして、身近な公共施設や地域の子育てサークル、子ども文庫などの団体に貸出をします。
・乳幼児とその保護者が集まるイベントなどで絵本を展示して自由に手に取ってもらう「えほんのひろば」を開催し、図書館職員やボランティアが、子どもたちに読み聞かせを実施します。

寄附の手続きのご案内について

  1. 下記から「図書館児童資料充実事業指定寄附金 寄附申込書」をダウンロードの上、必要事項を記入し、中央図書館総務課宛に郵送またはファックスでお送りください。
  2. 中央図書館総務課で受付後、後日「納付書」を郵送いたします。
  3. 「納付書」にて、お近くの金融機関の窓口で納入してください。
  1. ふるさと納税(寄附)の方法のクレジットカードの項目の手順に沿って、お手続きください。

お問い合わせ

中央図書館総務課
電話:072-244-3811    ファックス:072-244-3321

このページの作成担当

教育委員会事務局 中央図書館 総務課
電話:072-244-3811