堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例に基づく施策の推進方針を策定しました

最終更新日:2017年9月29日

 平成29年4月1日から施行している堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例第8条第1項に基づき、市民に対する手話への理解の促進及び手話の普及を図るとともに、障害者におけるコミュニケーション手段による情報の取得及びコミュニケーションの円滑化に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、施策の推進方針を策定しました。

1.取組内容

市民に対する手話への理解の促進及び手話の普及に係る施策

  ⇒市民向け手話講座の開催、シンポジウム(フォーラム)の実施等

障害者が情報を取得し、及びコミュニケーション手段を選択して利用しやすい環境の整備に係る施策

  ⇒職員向け研修の開催、コミュニケーションツールによる情報支援等

コミュニケーション支援者の育成及び確保に係る施策

  ⇒手話通訳者、要約筆記者の養成育成等

2.施策の方向性

      ≪障害のある人もない人も、ともにいきいきと暮らしていける社会をめざします≫

3.施策の推進方針の内容

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 障害施策推進課
電話:072-228-7818