このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市議会
  • 議員名簿
  • 会議情報
  • 市議会のあらまし
  • 議会広報
  • 傍聴、請願・陳情
  • 情報公開
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年第5回市議会(定例会)

更新日:2017年1月31日

 平成28年第5回市議会(定例会)は、11月28日~12月20日の23日間開かれ、手話言語条例などについて論議がありました。市長から提出された議案60件と議員提出議案7件を、それぞれ可決しました。
議員の意見や議員からの質問に対する市の答弁など、論議した主な内容は次のとおりです

手話言語条例

 今期定例会に提案された堺市手話言語の普及及び障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例案は、手話を言語として位置付け、市民などに対する手話への理解促進や普及を図るとともに、手話だけでなく全ての障害のある方の情報取得やコミュニケーション手段の利用を促進するものである。

 これにより、手話をはじめとする多様なコミュニケーション手段の利用環境の整備を推進し、全ての人が相互に人格や個性を尊重し合いながら共生する社会の実現をめざす。

 このことについて市長から「本条例案の制定を機に、障害のある方のコミュニケーション手段への理解が市民全体の中で深まり、障害のある方にとって暮らしやすい社会にしていく必要がある」との発言があった。

 これに対し議員からは「条例を制定するだけではなく、庁内の関係部局と十分に連携を図り、必要な予算の確保に努め、実行性のある施策を展開されたい」「条例制定後は、施策を推進する計画の策定にしっかり取り組んでいただくよう求める」などの意見があった。

 審議の結果、最終本会議において本条例案を全会一致で可決した。

学校施設の整備

 文部科学省の「公立小中学校施設のトイレの状況調査の結果」では、全国の教育委員会の8割以上が和便器よりも洋便器を多く設置する方針である。

 本市における小・中学校の洋便器の設置率は、平成28年4月現在で23%となっていることから、今後、これまでのトイレの全面改修などに加え、既存の和便器を洋便器に取りかえるなどの部分的改修を行い、洋便器の設置率の向上を図っていく。また、小・中学校は災害時には避難所となる主要施設であり、子どもから高齢の方まで多くの人が利用できるよう、防災の観点からも洋式化を進めていく。

 このことについて市長から「早期かつ計画的に洋式化を含めた快適なトイレの整備を進め、良好な教育環境の整備や市民の安全・安心に着実に取り組んでまいりたい」との発言があった。

 これに対し議員からは「子どもたちが安心して快適な学校生活を送るためには、快適で使いやすいトイレを整備することが重要である」「平成28年熊本地震を教訓に和式トイレの洋式化を速やかに行うべきと考える」などの意見があった。

中心市街地活性化

 平成27年3月に内閣総理大臣の認定を受けた堺市中心市街地活性化基本計画に基づき、堺東駅周辺と堺駅周辺を核とする、政令指定都市にふさわしいまちの顔づくりや歴史文化を活(い)かした都市魅力の創出を図っている。

 このことについて市長から「市民交流広場、堺市民芸術文化ホールの整備やジョルノビルを中心とする堺東駅南地区市街地再開発事業など、多様な事業が着実に進捗している。また堺東商店街のガシバルや山之口商店街のファサード(店舗の正面部分)整備など、地域における主体的なまちづくりが市との協働のもと進んでいる。このように市街地整備と地域主体の取り組みを両輪として、着実にまちづくりを推進している」との説明があった。

 これに対し議員からは「中心市街地の活性化という市の最重要課題においては、横断的な組織形態を新たに構築して、全体をリードする部署が必要ではないか」「中心市街地を活性化し、市税収入を上げられる地域創生を強く望む」などの意見があった。

原山公園の再整備

 栂・美木多駅に隣接する原山公園の再整備事業は、子どもから高齢の方まで誰もが健康づくりを楽しむきっかけをつくる公園として、公園内に屋内・屋外プールやさまざまな施設を整備するものである。

 本事業は民間事業者のノウハウにより設計、建設から公園全体の維持管理と運営までを一体的に行う手法(PFI手法)を導入する。これにより、質の高い公共サービスと多様化する市民ニーズに対応した運営が期待でき、子育て世代の流入促進など、泉北ニュータウンの活性化につなげていく。
 
 これに対し議員からは「泉北ニュータウンの再生に結びつくような整備を要望する」「泉北ニュータウンの再生にしっかりと貢献していただける事業者を選定されたい」などの意見があった。

 なお、今期定例会においては、本事業に関連する堺市公園条例の一部を改正する条例案と補正予算案を全会一致で可決した。

意見書・決議

 議会は、市政や市民生活に関わる事柄などについて意見や要望を伝えるため、国会や関係行政庁に意見書を提出することができます。
 今議会では、次の意見書・決議を可決しました。

全会一致

  • ホームドアの設置と「内方線付き点状ブロック」の整備促進を求める意見書
  • 地域防災力の向上と災害に強い防災拠点の整備を求める意見書
  • 安心な社会保障と強い地域経済を構築するための地方財政措置を求める意見書
  • ヒートポンプ給湯器等の低周波音による健康被害の対策向上に係る意見書
  • 大阪府福祉医療費助成の患者負担増に反対し、制度の拡充を求める意見書
  • 受動喫煙防止対策の強化に関する決議

賛成多数

  • 「米政策改革」に対する稲作農家の不安を払拭し経営の安定と担い手経営の再生産の確保を求める意見書

このページの作成担当

議会事務局 調査法制課
電話:072-228-7813 ファックス:072-228-7881
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館10階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市議会事務局

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 市役所本館10階 ファックス:072-228-7881市役所への行き方・庁舎案

総務課 電話:072-228-7811
議事課 電話:072-228-7812
調査法制課 電話:072-228-7813

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る