このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

美原ふる里公園(みはらふるさとこうえん)

更新日:2018年4月1日

美原ふる里公園トップ画像

概要

 平成10年4月1日に開設した本公園は、緑豊かな安らぎと潤いを感じる市民の憩いの場としてだけでなく、鋳物を素材に加えたモニュメントなどを用いて、歴史・文化の香る空間づくりを目指しています。
 また、中世、「河内鋳物師かわちいもじ」と呼ばれる鋳造技術者集団がこの地を中心に活躍しており、美原町は、「河内鋳物師かわちいもじ発祥の地」と伝えられています。
 本公園は、これらの貴重な文化財を後世に伝えていく役割も担っています。
 なお、公園の隣接地には堺市立みはら歴史博物館(M・Cみはら)があります。

施設紹介

1.エントランスゲート

 「鋳物のレリーフ」を用いたゲートを配置し、来園者を迎え入れることによって、公園の顔としての入口らしさを強調しています。
 ゲートの形は「炎」をイメージしています。

2.時の丘

 時の流れ(=歴史)を象徴的に表現するため、築山の中心に刻のモニュメント(日時計)を設置し、その周囲には時計盤をモチーフに自然石を配置しました。
 刻のモニュメントの「鋳物のレリーフ」と「赤色」は炎をイメージしています。

3.美はらの噴水

 噴水池中央にある噴霧噴水と赤御影石のモニュメントは、水蒸気と炎を表し、鋳物が生成されていくイメージを表現しています。
 また、4つの赤御影石の組み合わせは、東西南北の基本方位を示しており、噴水池を中心に四方へ向かって広がることを意味し、鋳物師いもじの全国への広がりを表現しています。
 さらに、その広がりを水の波紋に喩え、同心円上に広がるレンガ舗装パターンでも表現しています。

4.堺市立みはら歴史博物館(M・Cみはら)

 美原区域内から出土した遺物等の展示を観覧することができます。
 詳しくはこちら

アクセス

所在地

美原区大保27
(『みはら歴史博物館』のすぐ北にあります)

地図はこちら
地図の中心は駐車場です

交通案内

  • バス

  南海バス 大保下車すぐ
         

  • 自動車

  美原JCTから南西へ650メートル

駐車場

駐車場名

利用期間及び利用時間 収容台数

美原ふる里公園駐車場

1月4日から12月28日
午前9時から午後5時

普通車 17台
(うち障害者等用 2 台)

  • 料金

   無料

  • お問い合わせ

  お問い合わせはこちらへ(原池公園事務所)

このページの作成担当

建設局 公園緑地部 原池公園事務所
電話:072-276-6818 ファックス:072-279-9711
〒599-8267 堺市中区八田寺町320

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る