このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アリの相談が増えました

更新日:2017年12月28日

アリの種類は国内で約270種が確認されており、様々な種類が私たちの周りで活動しています。

ツヤシリアゲアリ


背中にトゲの様なものがあります

ツヤシリアゲアリは体長2.5~4ミリメートルで、
主に石下や枯木内に生息しています

ハリナガムネボソアリ


背中のトゲが長いです

ハリナガムネボソアリは体長2ミリメートルで、
主に草地や河川敷など乾燥した場所に生息しています

ルリアリ


よく見ると瑠璃色に見えます

ルリアリは体長が2ミリメートルほどで、草地や石下、朽木などに生息しています

トビイロケアリ


全体に毛が多く見えます

トビイロケアリ体長2.5から3.5ミリメートルで、
平野部から山地の草地など広範囲に生息しています

ほとんどのアリは屋外で生息し、生態系において重要な役割をはたしています。
種類によっては屋内で巣を作り生息する種類もありますが、屋外で見かけた場合はそっとしておきましょう。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 生活衛生センター
電話:072-291-6464 ファックス:072-291-6465
〒590-0132 堺市南区原山台1丁14-13

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る