このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

改元後も各種医療証をそのまま使用できます

更新日:2019年3月27日

元号表記について

 平成31年(2019年)4月30日までに発行する福祉医療費助成の各種医療証の有効期限は「平成」で表記されますが、本年5月1日以降の当該日付を新元号による日付と読み替えて、有効期限まで引き続き使用可能です。
 なお、本年5月1日以降に発行する各種医療証(再発行分を含む)の有効期限は、新元号で表記されます。

有効期限

医療証の種類 最長の有効期限

老人医療医療証

平成31年(2019年)7月31日(※1)

重度障害者医療医療証
ひとり親家庭医療医療証

平成31年(2019年)10月31日(※1)

子ども医療医療証 平成38年(2026年)3月31日(※2)

(※1)資格要件により、有効期限が異なります。
(※2)子ども医療医療証の有効期限は、6歳、12歳、15歳(一部の方のみ)及び18歳のいずれかの年度末までとなっています。なお、6歳、12歳及び15歳(一部の方のみ)の有効期限に到達するときは、新しい医療証を送付します。

お問い合わせ

お問い合わせは各区の保険年金課へ

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 医療年金課
電話:072-228-7375 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る