このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)からは鏡がみつかったというのは、本当?

更新日:2012年12月19日

昭和13年の『考古学』という雑誌の9巻1号には、百舌鳥村から出土してアメリカのボストン美術館の所蔵品となっている銅の鏡、太刀の柄頭(つかがしら)、銅の鈴、銅の馬鐸が紹介されている。仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)からみつかったという確証はないので、「伝仁徳陵古墳(大仙古墳)出土品」の資料としてよく使われている。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る