このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

美多弥神社のしりぶかがし社叢

更新日:2012年12月19日

指定区分
大阪府指定天然記念物

説明

 美多弥(みたみ)神社は、泉北ニュータウン光明池(こうみょういけ)地区の住宅街の中にあります。ここには「しりぶかがし」が多く繁茂する社叢(しゃそう)が広く緑をたたえ、他に「くす」・「さかき」・「あらかし」などの照葉樹林(しょうようじゅりん)の姿もみえます。
 「しりぶかがし」はブナ科マテバシイ属の常緑中高木で、近畿地方以南から台湾・中国大陸南部に分布し、以前は泉北丘陵にも比較的多く分布していたようです。秋には堅果が成熟し、この下部の中央がやや三角状に深くえぐれることから「尻深(しりぶか)」の名がつきました。
 社叢に百本近くを数えるこの森は、造成前の泉北丘陵の原植生を知る貴重な手がかりを与えてくれます。

社叢

「やしろのもり」のこと。鎮守の森。

美多弥神社しりぶかがし社叢
美多弥神社のしりぶかがし社叢

所在地

堺市南区鴨谷台1丁49-1
地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

所有者

美多弥神社

指定年月日

昭和48年3月30日指定

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る