このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

永山古墳周濠

更新日:2016年4月21日

指定区分
堺市指定史跡

説明

 永山古墳は、仁徳天皇陵古墳の北西側に位置する、前方部を南に向けた墳丘長約100メートルの前方後円墳です。
 平成24年の管理用柵(さく)の設置工事に先立つ調査では、永山古墳の東側の濠(ほり)の範囲を確認したほか、周濠(しゅうごう)の肩は近世以降に改変を受けていることが判明しました。また、東側では周濠の堆積層を確認し、下層には、永山古墳の遺構が良好に残されている可能性が高まりました。
 前方後円墳の墳端および周濠が良好に残され、隣接する仁徳天皇陵古墳より先に築かれた可能性が高いと考えられています。

所在地

堺市堺区東永山園

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

面積

4,207.32平方メートル

時代

古墳時代(5世紀前半)

指定年月日

平成28年4月11日

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る