このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

山口家住宅

更新日:2012年12月19日

指定区分
重要文化財

説明

 現在の入口は敷地南側にありますが、建築当初は東側を表にして入口を設けていたことが、絵図や建物の痕跡からわかります。

 内部には広い土間があり、土間に面して畳の部屋が一列に三室並び、畳の部屋の上に二階があります。土間には、梁(はり)と束・貫で構成する和小屋が組まれ、壮大な空間を作っています。

 建物に残る痕跡や周辺の発掘調査などから、建立年代は江戸時代初期と考えられ、数少ない江戸初期の町家建築で、全国的にも貴重な建物です。

 この場所は、元禄2年(1689年)に作られた「堺大絵図」では、山口家の屋号である「越前屋」を冠する「越前屋久右衛門」の名前が記されています。その後、安永4年(1775)と寛政12年(1800年)に増改築を行っています。

 江戸時代には、「京の着倒れ、大坂の食い倒れ」と共に「堺の建て倒れ」と例えられたように堺衆は建物に贅(ぜい)を凝らしたと言われていますが、この建物はその名残りを示すもののひとつかもしれません。

山口家住宅外観

「堺市立町家歴史館 山口家住宅」として公開中

員数

一棟

所在地

堺市堺区錦之町東1丁2-31
地図情報は「堺市e-地図帳(外部リンク)」をご覧下さい。

構造

桁行13.8メートル 梁間9.4メートル 一重 一部二階

南面及び東面庇付 切妻造 妻入 本瓦葺

時代

江戸時代初期

指定年月日

昭和41年6月11日指定

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る