このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

菅生神社本殿

更新日:2012年12月19日

指定区分
堺市指定有形文化財

説明

 本殿は一間社春日造としては府下でも規模が大きなもので、正面の柱間は7尺に及び、式内社としての格式を示しています。

 前方には幣殿と拝殿が接続し、周囲は側面に中門を設けた瑞垣(みずがき)で囲まれています。これまで未指定の神社建造物のうち、市内屈指の古さを持つ江戸時代中期(万治4年・1661年)の建造物として貴重です。

 神社は、かつては京都や大阪の信奉者をもち、「河内名所図会(かわちめいしょずえ)」(享和元年・1801年刊)にも図入りで掲載されています。その図から社殿配置が変わらず、当時の景観を保っていることがわかり、その中で現在まで残っている建物としても貴重です。

菅生神社本殿
菅生神社本殿

所在地

 堺市美原区菅生(すごう)178-1
 地図情報は「堺市e-地図帳(外部リンク)」をご覧ください。

所有者

 宗教法人 菅生神社

構造

 一間社春日造
 軒唐破風付
 檜皮葺

指定年月日

 平成18年4月20日

時代

 江戸時代 万治4年(1661年)

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る