このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

鈴の宮遺跡

更新日:2012年12月19日

弥生・古墳時代の墓域

 鈴の宮(すずのみや)遺跡は、石津川右岸の標高16から33メートルを測る自然堤防から段丘上にかけて立地し、その範囲は中区八田北・西町、毛穴(けな)町にまたがる40ヘクタールにおよぶ広大なものです。現在の鈴の宮団地や都市計画道路の建設に先立ち、昭和52年から昭和60年に行われた発掘調査では、旧石器時代から近世にかけての遺構や遺物が見つかりました。

 特に、木棺や土壙を埋葬施設にもち、周りに溝を巡らせた方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)と呼ばれる弥生時代中期の墓が12基発見されました。この墓に埋葬されたであろう人々の集落の一つには、北側にある毛穴遺跡があげられます。これら石津川中流域の集落や墓域の存在は、四ッ池遺跡をはじめとする石津川流域にある他の弥生時代の遺跡との関係などを考える上で重要です。

 つづく古墳時代には、5基の方墳と壺棺や埴輪棺などの墓が築かれます。一辺が7から11メートルある方墳は、百舌鳥古墳群造営の開始期から盛行期にかけての、4世紀末から5世紀前半ころに築造されたと考えられます。埋葬施設は残っておらず、不明な点が多いです。また、丘陵の高所では、5世紀後半ころに須恵器を焼いた窯跡が1基検出されました。陶邑窯跡群(すえむらかまあとぐん)からは離れた場所に単独で存在したことが特徴と言えます。

 奈良時代の遺構としては、木枠井戸や多数の土器を捨てた溝、火葬墓が見つかっています。これらは、この遺跡が行基の母方である蜂田(はちた)氏の住む蜂田郷内にあたることから注目されます。


 平安時代後期ころには寺院があったこともわかりました。南北12メートル、東西10メートルの基壇上には、二面庇の切妻屋根構造の建物(梁行4間×桁行5間)が建っていたと考えられます。その創建は、10世紀後半から11世紀初頭で、16世紀中葉に火災で焼失したものと思われます。この寺院跡は、小字名から「仏光寺」(ぶっこうじ)跡と考えられ、建永二年(1207)七月八日の日付をもつ「河内通法寺領注文案」記載の「仏光寺」と同じ寺院であるとされています。

参考文献

堺市教育委員会・鈴の宮遺跡調査会 『鈴の宮1』日本住宅公団鈴の宮団地内遺跡発掘調査報告 1980年3月
堺市教育委員会 『鈴の宮3』「堺市文化財調査報告」第11集 1983年3月
堺市教育委員会 『鈴の宮4』「堺市文化財調査報告」第17集 1984年3月
堺市教育委員会 『鈴の宮5』「堺市文化財調査報告」第32集 1986年3月
堺市教育委員会 『平成12年度市内遺跡立会調査概要報告』「堺市文化財調査概要報告」第97冊 2002年3月

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る