ワーク・ライフ・バランスの推進

最終更新日:2020年3月27日

 ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、市民一人ひとりが、年齢や性別にかかわらず、やりがいや充実を感じながら働き、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生のライフステージに応じてさまざまな生き方を選択することです。現状では主として家事・育児や介護などを担っている女性のアンペイド・ワーク(賃金が支払われない労働)に対する評価を是正し、雇用における男女の均等な待遇をめざし賃金格差を解消することや、また、長時間労働を前提とした従来の働き方を見直すことにより、仕事と生活が両立できる社会を実現することが必要です。また、今後さらに少子高齢化が進行し、労働力人口の減少、グローバル化が進展することをふまえれば、雇用の場において、女性をはじめ多様な人材の活躍を促進することは、必要不可欠です。

今後の関連事業

 【キッズサポートセンターさかいでの父親向け育児支援講座】

このページの作成担当

市民人権局 男女共同参画推進部 男女共同参画推進課
電話:072-228-7408