ようこそ市長室へ

堺市長 竹山修身

市長の動静

市長の動静トピックス

市長の言葉

市長記者会見

市長の「ふれあいトーク」

市長の「元気!いきいき訪問」

市長と職員との対話

堺市総合教育会議

ハート&トークセッション

市長プロフィール

市長あいさつ

 あけましておめでとうございます。市民の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
 今年は市制130周年の記念すべき年です。そして、堺を世界に発信する一年です。

 7月には、いよいよ百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録がユネスコ世界遺産委員会で審議されます。陵墓の静安と尊厳をしっかりと守り、私たちの誇りである百舌鳥古墳群を次世代に継承する取組を進めます。さらに世界中の来訪者が古墳群の雄大さ、堺の悠久の歴史を感じられるよう、茶聖・千利休のふるさとでもある堺のおもてなしの心でお迎えします。
 秋にはフェニーチェ堺がグランドオープンします。2000席を誇る大ホールでは、多彩なジャンルのトップレベルの公演をお届けし、南大阪の芸術文化の拠点に育ててまいります。
 また、9月末から11月初めにかけてラグビーW杯が開催されます。堺市は4か国のキャンプ地となります。これを皮切りに、2020年の東京五輪、2021年のワールドマスターズゲームズ関西と続くほか、2025年には「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに大阪万博が開催されるなど、関西を世界に発信するビッグイベントが盛りだくさんです。南大阪の市町村と連携し、国内外の方が堺・南大阪を訪れ、巡り、滞在いただける取組を更に推進するなど、域内周遊の活性化を図ります。

 市長に就任して10度目の新年を迎えました。SDGs未来都市に選定され迎えた新たな年でもあります。国連で採択された持続可能な開発目標であるSDGsの達成に向け、誰一人取り残さず、笑顔で暮らせるまちづくりに一層注力する所存です。
 結びにあたり、本年が皆様にとって、幸多き一年となりますよう祈念しまして、年頭のご挨拶といたします。

[2019年1月1日]