生活ごみ【毎週2回収集】

最終更新日:2012年12月19日

資源とごみの出し方を映像で紹介しています

種類(例)

生ごみ類

(料理くず・残飯・茶殻等)

生ごみ類のイラスト

水切りをしてから出してください。

木くず

(落ち葉・草・竹串等)

木くずのイラスト

土を取り除いてから出してください。

紙くず(紙類)・布類

(新聞紙・雑誌・ダンボール・衣服等)

紙くず(紙類)・布類のイラスト

できるだけ集団回収で出すように心がけてください。

プラスチック類

(ペットボトル・プラスチック製容器包装除く)

プラスチック類のイラスト

汚れたペットボトル油分のついたドレッシングの容器など生活ごみで出してください。

その他可燃物

その他可燃物のイラスト

45リットル以下の袋に入れて出してください。

※45リットル以下の無色透明又は白色半透明の袋に入れて出してください。

出し方に注意する物

木くず

(落ち葉や草等)

落ち葉や草等のイラスト

小枝は直径5センチメートル未満、長さ30センチメートル以内、片手で持ち上がる程度をヒモで束ねます。
落ち葉や草などは必ず土を取り除いてから袋に入れます。

紙くず(紙類)・布類

(新聞紙・雑誌・ダンボール等)

新聞紙・雑誌・ダンボール等のイラスト

新聞紙・雑誌類は片手で持ち上がる程度をヒモで束ねます。
布類は袋に入れます。
ダンボールは4から5枚を折りたたみヒモで束ねます。

廃食油

廃食油のイラスト

廃食油は紙類にしみ込ませます。

とがった物

とがった物のイラスト

竹串などのとがったものは、新聞紙などに包みます。

※木くず・紙くず・布類は1回あたり3点以内で出してください。

注意!

事業者責任で処理してください。

※廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条(事業者の責務)の規定による。

このページの作成担当

環境局 環境事業部 環境業務課
電話:(指導係・美化係)072-228-7429、(業務係)072-228-7428