カラスによるごみの散乱被害にお困りの方へ

最終更新日:2012年12月19日

ごみの散乱被害の対策方法

 カラスはエサとなる生ごみを求めて集まるため、生ごみが少なかったり、外から見えなければ、寄り付きにくくなります。
 また、カラスは鳥類の中でも大変学習能力が高い鳥なので、それまで被害を受けていたところでも、エサにありつくことができなくなれば、しだいに寄り付かなくなります。
 下記の方法を参考に、ごみの出し方を工夫することで、ごみの散乱被害の防止及び軽減にご協力をお願いします。

 対策方法

カラスネット
(例)カラスネット

カラスネットの無償譲渡

譲渡対象

 市では、道路上のごみステーションに一定の要件を満たす場合に、カラスネット(2m×3mまたは3m×4mの2種類)を、無償でお渡しています。

 〇要件

 ※各戸収集(家前収集)の方は、無償譲渡の対象外になります。

申請方法

 申請方法は、ごみステーションを利用している中から代表者を決めていただき、FAX又はハガキで下記必要事項を記入の上、環境業務課まで、ご送付ください。

〇必要事項


※申請から譲渡までには約1カ月ほどかかります。

このページの作成担当

環境局 環境事業部 環境業務課
電話:(指導係・美化係)072-228-7429、(業務係)072-228-7428