食品関連事業者の皆さまへ(一般用加工食品の栄養成分表示が義務化されました)

最終更新日:2020年9月25日

栄養成分表示の記載項目

食品の表示について定めた法律「食品表示法」が2015年4月1日に施行され、原則として、消費者向けに予め包装された全ての加工食品及び添加物(業務用を除く)に栄養成分表示が義務化されました。
2020年4月1日より新たな食品表示制度が完全に施行となりました

事業者の方におかれましては食品表示基準に基づいた適切な表示になるよう、お願いします。

 
基本5項目
(熱量・たんぱく質・脂質・炭水化物・食塩相当量)
それ以外の栄養成分
一般用 加工食品 義務 任意
添加物 義務 任意
生鮮食品 任意 任意

栄養成分表示を表示するには

事業者の方むけの、栄養成分表示のためのガイドラインです。

栄養成分表示について、わかりやすく解説された消費者庁作成のパンフレットです。

一般加工食品の栄養成分表示を活用しましょう

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 健康医療推進課
電話:072-222-9936