「新しい生活様式」の実践

最終更新日:2020年5月20日

新しい生活様式のイメージ画像

緊急事態措置が緩和されても、ウイルスの脅威がなくなるわけではありません。
ウイルスと共存しながら感染予防をするためには、日常生活から行動を変えていく必要があります。
新しい生活様式を取り入れて、自分も、大切な人も守りましょう。

一人ひとりの感染対策

まずは、一人ひとりの感染対策が欠かせません。日々の行動において、次のことに気を付けてください。

人との距離を、できるだけ2メートル取る

出かけるときは屋内より屋外を選ぶ

人と話すときは真正面を避けて

症状がなくてもマスクをする

帰宅したら手や顔を洗い、着替える(シャワーを浴びる)

手洗いは石けんで30秒かけて丁寧に

ウイルスが流行している地域への移動は控える

基本的な生活様式

健康な生活を送るために、一人ひとりの感染対策に加えて次の点も生活に取り入れましょう。

咳エチケットを徹底

こまめに換気を

3密(密集・密接・密閉)を回避

毎朝体温を測って健康チェック

日常生活の各場面での生活様式

買い物のとき

スポーツするとき・遊ぶとき

食事のとき

交通機関を利用するとき

冠婚葬祭などの親族行事

働き方の新しいスタイル

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 広報課
電話:072-228-7402