市内の発生状況と検査人数

堺シグナル

今後の社会経済活動のさらなる活発化や季節性インフルエンザの流行といった環境変化に対応し、より効果的な感染予防の啓発を行うため、令和2年10月9日に開催された「堺市新型コロナウイルス対策本部会議」において、堺シグナルの検証・見直しを行いました。
これまでの「直近1週間の累積感染経路不明者数」に加え、「直近1週間の新規陽性者の年齢構成割合」などのモニタリング指標を見える化し、感染拡大の傾向をわかりやすく発信します。

モニタリング指標(7月30日)


直近1週間の累積感染経路不明者数


直近1週間の新規陽性者の年齢構成割合

※上記矢印は、当日と前日の指標(直近1週間の累積感染経路不明者数)を比較した場合の増減傾向を表しています。

※直近1週間の新規陽性者の年齢構成割合は、小数点以下を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります。 

※7月28日及び7月29日に公表した感染経路不明者のうち、感染経路が判明した方について反映しています。

※判明した陽性者の管理自治体に変更が生じた場合には、適宜修正を行っております。


直近1週間の各モニタリング指標の推移

市民の皆さまへ感染予防のお願い 【7月12日(月曜)から8月22日(日曜)】

※1 家族や乳幼児・子ども、高齢者・障がい者の介助者などはこの限りではありません。

※2 疾患等によりマスクの着用が困難な場合などはこの限りではありません。

※3 堺市では「集団」を2人以上としています。

より感染力の高い変異型も確認されています。外出機会が多くなるこれからの季節、感染対策を緩めずにお過ごしください。

夏に向けて市民の皆さまへのお願い

(ワクチン接種後も、気を緩めずに感染対策の徹底を)

業者の方や大学へのお願い等についてはこちらのリンク先をご覧ください

◇飲食店等を利用するときも感染予防を意識してください。

(飲食の場でも会話の際にはマスクを着用する「マスク会食」など、唾(つば)が飛び交う状況を防いでください。)

意識していただきたいポイントなど、詳細はこちらのリンク先をご覧ください。

まん延防止等重点措置に伴う本市の対応(7月12日から8月22日)

堺シグナルの概要についてはこちら
10月9日以前の堺シグナルの概要についてはこちら

大阪モデル

市内で発生したクラスター

堺市民の感染者の情報

※感染者の個別情報については、令和2年11月16日以降、大阪府において公表されなくなりました。(令和2年11月11日開催の大阪府新型コロナウイルス対策本部会議で決定)
これに伴い、本市でも令和2年11月16日以降のデータから公表内容を一部変更しますが、市民の感染者の個別情報については、陽性者が急増し調査と情報把握に時間を要することから、概ね一週間ごとに更新することとし、正確な情報として継続して公表します。(感染者の方の情報はこちら

陽性者数・死亡者数

日付 陽性者数(人) 死亡者数(人)
(うち新型コロナ関連死亡者数)

令和3年7月30日

56

0(0)

累計(令和2年2月6日~)

8,034

231

※死亡者数には、新型コロナウイルス感染症以外の死因(持病等)でお亡くなりになられた方も含みます。

これまでの感染者の状況

この情報は速報であり、後に更新されることがあります。

令和3年3月11日以降の感染者の方の情報【令和3年7月29日更新】

令和3年3月10日以前の感染者の方の情報

令和2年11月15日以前の感染者の方の情報

堺市での検査人数

日付(7月30日) PCR検査 抗原検査 合計 累計

(1)堺市衛生研究所分

37

0

37

19,151

(2)医療機関・民間検査機関検査分

175 273

448

135,082

本日の合計(1)+(2)

212

273

485

154,233

※令和2年11月16日以降、本市内医療機関等における検査体制として検査の種類(PCR検査及び抗原検査)ごとの人数に変更しています。
※医療機関・民間検査機関検査分については令和2年6月1日からの計上となります。

高齢者施設等の職員に対する集中検査

上記の検査に加え、国が定める新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づき、堺市内にある高齢者施設等の職員に対する集中的な検査を実施しています。

日付(7月30日) PCR検査 累計
高齢者施設等の職員

279

41,860


新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応

国からの要請により、堺市においても変異株PCR検査(スクリーニング検査)を実施しています。
変異株PCR検査(スクリーニング検査)を実施し陽性が判明した検体を、国立感染症研究所に送付し、遺伝子(ゲノム)解析を行うことで変異株の確定を行います。

変異株PCR検査の実績(累計)【令和3年7月30日更新】

変異株PCR検査件数

601


  変異株PCR検査の陽性件数 確定した変異株
B.1.1.7系統の変異株(アルファ株) 279 47
B.1.617系統の変異株(デルタ株) 35 6


※WHOの呼称変更に合わせ、英国で最初に検出された変異株を、B.1.1.7系統の変異株(アルファ株)に記載を変更しています。
また、インドで最初に検出された変異株を、B.1.617系統の変異株(デルタ株)に記載を変更しています。
※2月1日以降、堺市衛生研究所及び市内医療機関等において陽性と判明した検体を対象に、変異株PCR(スクリーニング)検査を実施しています。居住地以外で検査を受けて陽性が判明した方が含まれる場合もあるため、堺市民とは限りません。
※変異株PCR検査の陽性判明後、国立感染症研究所において遺伝子(ゲノム)解析の結果が判明するまでには一定の時間を要します。また、堺市では、ウイルス量が少ない検体を含めて変異株PCR検査を実施しています。ウイルス量が少ない検体の場合、遺伝子(ゲノム)解析で判定不能となり、変異株の確定ができないケースもあるため、変異株PCR検査の陽性件数と確定した変異株の件数に差が生じることがあります。

大阪府内における変異株事例の発生状況については 大阪府ホームページをご覧ください。

大阪府の発生状況

大阪府下の発生状況について(大阪府ホームページへリンク)

大阪コロナ追跡システム

本システムは、飲食店や、新型コロナウイルス感染症対策による休止・自粛要請が解除される施設・イベントを通じた感染拡大を防ぐことを目的にしたものです。

令和2年5月29日から(飲食店は令和2年6月1日から)、大阪府が運用を開始しました。対象施設・イベントをご利用の方はご協力をお願いします。
詳しくは、下記ページをご覧ください。
施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様はこちら(大阪府ホームページ)
施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様はこちら(大阪府ホームページ)

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

令和2年6月19日から、厚生労働省が試行版の運用を開始しました。本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されますので、ご活用をお願いします。
詳しくは、下記ページをご覧ください。
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について詳しくはこちら(厚生労働省ホームページ)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房ホームページ)
堺市の新型コロナウイルスに関する情報について(堺市ホームページ)
府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933