このページの先頭です

本文ここから

「ふたつのリビングを持つ贅沢な家」 設計者インタビュー OHArchitecture

更新日:2022年7月14日

株式会社OHArchitecture(オーエイチアーキテクチャー)の代表 堀井達也氏、奥田晃輔氏

お二人にどういった思いで設計されたか、どんな方に住んでいただきたいかなどをうかがいました。

住んでもらう人が分からない中での設計の面白さ

 古い建物を現代の生活に合うように作り替えるといったことに興味があったので、リノベーション事業をこれまでいくつか手がけましたが、個人の分譲住宅のリノベーション経験はあったのですが、賃貸住宅のリノベーションは初めてで「実際にどういった人が住むのか、住んでもらいたいのか」を自分のイメージで造るといった面白さがありました。

変化を楽しめる住宅を

 この平面プランの形はニコイチだから出てきた発想です。2つの部屋を接続することが当初からの要件であり、それをどう読み解くかを意識したプランになりました。二つリビングがあるので、一つはラフに外っぽく、もう一つは通常のプライベートリビングに、といったように使い分け、「住みながら空間を成長させ変化させられるような家」がコンセプトです。
 素材については、ブロックなどの抜け感のある「外っぽいモノ」で考えています。作られたモノ(工業製品)はその状態で完成してしまっていて、劣化するのみでそれ以上がないように思いますが、自然の素材は、人それぞれの使い方により可能性が広がり、ブロックや材木などに付くよごれなども味になっていきます。そういったものを含めて、家が出来上がっていく変化を楽しめるのではないかと思います。そういうことを意識し、素材の提案にもこだわりました。

団地断面イメージ

多趣味な若年世帯に住んでもらいたい

 新婚の方や、これから子どもができる若い人、多趣味な人に住んでもらいたいです。昔は応接間と呼ばれる客間がありましたが、今の時代の応接間として、Public Livingを置き、若い人が集って趣味を共有できるような空間であってほしい。いろいろなことができる空間にすることで、生活が豊かになるのではないかと考えます。家の中でテントを張れるようなラフな使い方も面白いと思っています。

あえて個室は小さくし、リビングでの生活を

 今回、個室はあえてほぼ寝るだけの最小限のスペースとして計画しています。そうすることによって、本来個室で行われていたような行為や物がどんどんリビングへ溢れていき、子どもも個室の外へ出ざるを得なくなってくるのではないでしょうか。それも見すえて、この大きめの開口を設けました。リビングへあふれ出ることによって、家族団らんの時間も増えるのではないかと思います。工夫して住める余白があるので、それを楽しんでいただければ嬉しいです。

V字の間取りによる空間の変化

 こだわりは、デッドスペースになり得る「ななめ」の空間です。場所の明るさや広さなど、空間のスケールによって、人間の行為は異なってくるものです。そういった意味でここは、立ったり座ったりする位置によって感覚的に異なる部屋になるのではないでしょうか。例えば、少し狭い三角のスペースは一人になりたいときや本を読むときなどに、書斎のような機能をもつ空間となりうると思います。

これから住戸が出来上がるまで

 賃貸なので、一人のお客さんではなく、なるべく多くの方に住んでいただかないといけないということもあり、サイズや空間のディテールをどこまで詰められるかが重要になってくると思います。どんな人が最初に住まうのか、今から楽しみです。

泉北ニュータウン内の団地の可能性

 泉北ニュータウンには、今回初めて来ましたが、映画やドラマ、教科書などで見たニュータウンのイメージそのものでした。ノスタルジックな感じ、ぼくはなんとなく落ち着きます。たしかに建物などには古さを感じる部分もありますが、緑の多さなど環境も良く、いい形でそれらが調和しているように思います。
 あとは、幼稚園や小学校、ショッピングセンターなどが近くにあり、生活が住区だけで完結しているなと。また、独特のコミュニティや自然が豊かであるといったことに泉北ニュータウンの魅力や可能性を感じました。 

学校と住むところが近いので、団地が住区の寮みたいに感じられて、面白い。団地内の空間でいろいろなモノをシェアできる可能性があるなと思いました。
今後は団地の中でしか作れないコミュニティや、周りにある豊かな緑などを含めてリノベーションしていくことが面白そうだと思います。家の一部が外に出ていくような仕掛けなどがあると魅力的になっていく気がします。

設計者

奥田晃輔氏 堀井達也氏 プロフィール
HP : http://www.oharchi.com/
株式会社OHArchitecture代表/建築家
2005年よりOHArchitectureとして活動開始。
京都を拠点に注文住宅、建築設計、店舗デザイン等を手がけている。

インタビュー時写真 左からOHArchitectureの奥田氏、堀井氏、堺市担当職員1人、大阪府住宅供給公社担当職員2人

このページの作成担当

泉北ニューデザイン推進室

電話番号:072-228-7530

ファクス:072-228-6824

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで