このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市産学公連携推進協議会

 地域の活性化、まちづくり、人材育成等の課題を、知の拠点である大学などが持つ知的・人的資源を最大限に活用して解決する産学公連携事業を実施し、広く堺市の発展を図ることを目的に、「堺市産学公連携推進協議会」を設立しました。

令和元年度 堺市産学公連携推進事業一覧 

業務名 事業概要 採択大学

研究者
(敬称略)

農業生産技術継承・移転支援業務 農業への参入や事業継承の希望者にとって、栽培技術の多くは勘や経験に立脚し、複雑で理解に時間を要し、関連する情報やこれを得る機会が限られるという課題があることから、袋詰め培土で収益性が高いトマトを試験栽培し、生育・環境・作業データを取得、数値化、解析することで、簡易で技術習得が容易な栽培手法の確立や普遍化をめざす。

大阪府立大学

研究推進機構 特認准教授 大山克己

成長産業分野基礎的研究支援業務 市内のものづくり中小企業が成長し、安定した経営を行う上では、新エネルギー、健康・医療等の成長産業分野において新製品・新技術を開発することが不可欠であることから、成長産業分野に活用できる大学のシーズと成長産業へ進出しようとする企業ニーズを結びつけるため、大学が中小企業を対象とした説明会、ニーズ収集を通して企業と研究者のマッチングを行い、共同研究を推進する。 大阪府立大学

研究推進本部 教授
URAセンター長
辻川正人

運動習慣見える化業務 運動習慣のない市民を対象に活動度や身体機能計測システム、医療費等解析システムによりデータを収集し、対象者に計測データのフィードバックや健康教育を実施することにより、個人の健康状態にあった運動を継続できる仕組みづくりを提案し、習慣化による社会保障費の削減効果を検証する。

了徳寺大学

教養部 教授 山下和彦

資産活用型市内活性化支援業務 市内の歴史遺産を活用した訪客誘致対策や「中百舌鳥駅周辺」地域の活性化につながる施設や環境を提案する。あわせてlCTを活用して訪客の動態を把握し、訪客ニーズに合わせたコンテンツの提供や情報発信等の機能を備えた「訪客誘致・振興知的サポートシステム」を構築する。

甲南大学

経済学部 教授 稲田義久

AIを活用した建築設計時の業務量削減に資する支援ツール作成業務 AIを活用し、設計事務所などから提出される設計図書の修正前後の差分チェック、設計図面と内訳明細書との整合性などの確認や過去資料のデータベースからの関連積算表を自動検索して内訳明細書をチェックする機能などを搭載したシステム開発をめざす。

大阪府立大学

人間社会システム科学研究科 教授
中島智晴

保育士確保に向けた保育現場の新しい働き方モデルの調査・実証業務 保育現場での保育士確保が急務となるなか、潜在保育士などの再就職支援の取組として、タイムシェアリング・タスクシェアリング型就労が保育現場にマッチするかなどを調査し、就業誘因に繋げる新しい働き方モデルを考案・実証し、保育現場での事業化をめざす。

大阪府立大学

人間社会システム科学研究科 教授
真嶋由貴惠

このページの作成担当

市長公室 企画部 連携推進担当
電話:072-222-0380 ファックス:072-222-9694
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る