このページの先頭です

本文ここから

利用促進班

更新日:2012年12月19日

自分以外の方の日頃の行動から、「どのような人が」、「公共交通を利用できるのになぜ利用しないと思うか」、「どのような働きかけがあると利用すると思うか」について議論していただきました。

議論の内容

どのような人が 利用しない理由 どのような働きかけがあれば利用するか
広く一般
  • 大人が公共交通の大切さを自覚していない
教育が大事
  • 子供の公共交通を使う機会を創出する
  • 大人が公共交通を利用し、公共交通の大切さを伝えられるような見本となるようにする
利用しなければ公共交通が維持できないといった危機意識をみんながもつ
車を使っている人が実際に公共交通を使って移動してみる(市民や市職員(特に幹部職員))
乗る努力をする
  • 住民が協力する(なるべく公共交通を利用する)
  • PRできていない
  • 公共交通の便利なところを宣伝する
  • ブログなどインターネットを使って、より広い人に発信する。
  • スルッとKANSAIを阪堺線で使えないから乗らなくなる
  • 企業努力として設備を改善する
  • 車が便利だから公共交通を利用しない
  • タクシーを公共交通として利用(乗合タクシー、観光に使うタクシー)
  • 車をいじめることで、公共交通を利用してもらう(税を高くするなど)
  • 泉北高速鉄道の運賃が高い
  • 泉北高速鉄道に運賃面で対抗する地下鉄やバスを運行
  • タクシーチケットなどを導入する(障害者など)
  • 運賃を値下げする(時間帯によって安くする)
高齢者/障害者など
  • 利用したくても乗れない
  • 阪堺電車は車いすで乗れない
  • 車両や駅などの階段の工夫など
  • 係員の人が乗るのを補助する

もっと公共交通を使ってもらうためには?

大分類 具体的な方策
教育
  • 公共交通の大切さを教育する
  • マナーをよくする
  • 車を利用しない
  • 自分で行動する(自ら利用など)
  • 公共交通を利用する機会をつくる(市民や市職員)⇒公共交通を利用するツアーを実施する(公共交通の便利さ、不便さを実感する)
  • 義務教育で公共交通に関する教育を行ってもらうなど、国の方針として検討してもらう
  • 小学校で公共交通に乗せる・体験させる(授業などで)
  • 堺にたくさんある大学や高校でどうすれば利用するかなどを考えてもらう(若い人の考え)
便利にする
  • 使いやすい、使おうと思えば使える環境を整える
  • 事業者も頑張る
  • 市全体の観点から便利な公共交通にする
  • 高齢者が乗りやすくする(バリアフリー化など)
  • 料金を安くする(昼間の時間で安くするなど)
  • スルッとKANSAIを阪堺電車でも使えるようにする
  • 地下鉄の延伸など、便利な路線をつくる
  • 東西線を強化する(便利さを理解してもらうために優先的に)
  • 乗合タクシー(複数人でタクシーに乗る)
乗った方が楽しい
  • 公共交通を利用することが、楽しい、おもしろいと感じられるようにする
  • ヨシモトの集客施設をもってくる(楽しい施設)
  • ネコの駅長
PR・周知
  • 知らないから利用しない
  • 便利なことお得なことをPRする
  • 商工会を通じて企業などに伝えていく⇒企業などで利用しようという取組みにつなげる
  • 企業に提案する(公共交通を使うべきだということ、通勤に使ってもらう)
  • 自治会など会を通じてPRする
  • わかりやすいDVDを作ってPRする
  • インターネットやブログで便利さを発信
  • 座ることができる時間などを発信
抜本的な解決策
  • 自動車を使いにくくする
  • 税を高くする
  • 都心部に車を乗り入れさせない

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。資料の内容については、「議論の内容」にまとめています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで