このページの先頭です

本文ここから

ネットワークA班

更新日:2012年12月19日

「区内など短い距離の移動で公共交通を利用する場合の問題点」や「どのようなつながりがあると良いと思うか」について議論していただきました。

議論の内容

場所(どことどこ)、
交通機関(何と何)
問題の内容 対応案
泉北1号線、泉北高速付近
  • バス路線が、駅を中心に広がっているので、駅を跨ぐ路線がない。
  • 泉北1号線、泉北高速付近の「かべ」による交通(特にバス路線の)分断
  • 特にバスターミナル相互間の離れている(泉北1号線、泉北高速をはさんで)泉ケ丘・栂美木多
  • バスターミナル相互間の接近、できれば統合
  • 直通系統「堺東から横山高校」は極めて少なくデイタイムは走らない
西区
  • 利用、バスの便数が少ないことが問題
  • 路線の整備(要否の判断は必要)
ふれあいバスの路線に右回り、左回りのダイヤがある
  • 実際は右又は左のみの運行で利用時間がかかる
  • バス会社の効率化優先となっている
  • 原則、左・右の便を走らせる(ダメだと少なくとも交互運行)
堺から堺東
  • バスと鉄道(路面電車)との結節があまりない
  • ダイヤの改善(乗り継ぎ)
  • 地域にあったネットワーク
ふれあいバス全体
  • きめ細かい割には本数が少ない
  • 日で分かれている
  • 本数を増やす
  • 広報をもっと積極的に(ふれあいバスの運行を知らなかった)
堺区のふれあいバス
  • 逆にきめ細かすぎないか
  • 他地域をもっと拡充すべき(都心より、郊外のふれあいバスを増やす)
バス網全域
  • ICカードが使えない
  • 導入するような施策
踏切待ち(JR)
  • 遮断時間による遅れ
  • 立体交差化
その他
  • 目的地に行くのに乗り継ぎが不便(ダイヤ、雨の日の乗降など)
  • バス路線のネットワークが利用者にとって便利になっていない
  • ダイヤの改善(乗り継ぎ)
  • 雨でもぬれない乗換えができる様にする
  • 最寄り駅を通らないので利用しない
  • 通勤、通学に安心してバスを利用できない
  • 現在の路線(バス)を見直す
  • 地域にあったネットワーク
  • 鉄道で路線(バス)が分断されている
  • 鉄道を跨いで乗り換えが必要であり、乗り継ぎ時間もかかるなど、時間を要してしまう
  • 高架下を通れる様にする
 
  • 福祉、タクシー等総合的に考える

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。資料の内容については、「議論の内容」にまとめています。

発表用資料の画像3

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで