このページの先頭です

本文ここから

利用促進班

更新日:2012年12月19日

自分自身の日頃の行動から、「どのような公共交通を利用しているか」、「利用する理由、また利用できるのに利用しない理由」、「どうすれば利用するか、頻度が増えるか」について議論していただきました。

議論の内容

分類 どこからどこへ
(交通手段)
利用する理由、利用しない理由 どうすれば利用するか
頻度が増えるか
そもそも使えない 八田荘付近~鳳~市民病院 など
  • 利用できる時間帯が無い
  • 直接いけるバスルートが無く、乗り換えないといけない
  • そもそも公共交通が走っていない(近くにバスが通ってない)
  • 公共交通は費用に係らず必要なものであり、最低限の水準は確保する
公共交通を使う 堺東(シャトルバス)
  • 時間が短くてすむ
  • 6分に1本運行されていて便利
  • (他のバス路線なども)運行頻度を高くする、安くする
浜寺から堺東(阪堺線)
  • 料金が安い
  • 運行間隔が短いと待つことができる
  • 各機関でダイヤを連動させる(乗り換え時間が短縮)
時間がきまっている目的の場合(関空リムジンバス、通勤など)
  • 電車を使う(電車は時間に正確であるので車より良い)
 
なぜ車を使うか? 車で行くケース
つまり、公共交通を使わなくなるケース
ドアツードアのサービス
  • 安い(あいのり)
  • 早い(急ぎのとき)
  • 融通がきく
  • 雨のとき
  • 荷物があるとき
乗せる努力、仕かけが必要
  • 乗ってみたい、のりたいと思うインセンティブは何かを考えるべき
【考える視点】
  • 公共交通にしかないものは何か?
  • 現状は?(子供は公共交通を使っていない)
【取り組みアイデア】
  • 小学生に一度は公共交通を利用する体験学習をする
  • バスに自転車を乗せられるようにする
  • 乗合い自転車(コミュニティサイクル)
大規模集客施設は、車で来ることが前提となっている
  • 乗せる努力、仕かけが必要
  • 乗ってみたい、のりたいと思うインセンティブは何かを考えるべき
【考える視点】
  • 公共交通にしかないものは何か?
  • 現状は?(子供は公共交通を使っていない)
【取り組みアイデア】
  • 小学生に一度は公共交通を利用する体験学習をする
  • バスに自転車を乗せられるようにする
  • 乗合い自転車(コミュニティサイクル)
保健所、役所などいろいろなところを周る交通網が整っていない
  • ホールや病院をネットワークするバス網をつくる(一昨年デマンドバス社会実験を行った)
その他 【周知をはかる】
  • PR、周知するために分かりやすい資料をつくる(DVDなど)
  • 所属する会を通してPRする
【利用促進に向けたアイデア】
  • 新今宮にやってくる外国人をつかまえる
【フィールドワークの提案】
[目的]成功している事例をみて、アイデアの参考にする
[場所(案)]和歌山貴志川電鉄
【進め方についての提案】
[手法]
  • 第3者委員会に事業者を入れる
  • フォーラムなど
[ねらい]
  • 事業者の声を聞いてみたい(聞くべき)
  • 市民の声を伝えたい
  • コミュニケーションの場の創出

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。資料の内容については、「議論の内容」にまとめています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで