このページの先頭です

本文ここから

利用促進班

更新日:2012年12月19日

議論の内容

(1)東西軸の充実

東西の交通が不便

  • 軌道で充実を
  • 阪堺線の利用促進に向け、みんなが使うような工夫を(よしもとの劇場を呼んでくるなど)

LRTは必要か

堺東~堺区間は特に必要
今シャトルバスが多く走っているが必要か?

  • 車を排除するために必要
  • まだ、議論が必要

(2)バス

ふれあいバスのルートが限定されている

  • 月曜・水曜・金曜日はAルート、逆向きがない

浜寺~鳳地区

バスの本数が少ない(時間によってはない)

  • だから車を使う

おでかけ応援バスは、日付指定(5・10日)ではなく、○○回までは安くする、とういう方法にしてはどうか

  • 混雑を引き起こさないのでさらに良い

(3)都心外のバス

バスの本数が少ない

南海電車の本数は多いがバスの乗り継ぎが不便で時間をつぶさないといけない

バスが満員になるのは朝夕ぐらいしかない

  • 増便してほしいと言いづらい
  • 本数がさらに減ることが不安

運賃が高い(大阪市バスは安いが・・・)

  • 都心でないと特に高い

(4)障害者

駅が障害者に優しくない(エレベーターがない)

障害者に優しい車両に

精神障害者には割引制度がない(会社によってバラバラである)

(5)マナー

乗客のマナー・エチケットが悪く、電車に乗るのが嫌いになる

  • ケータイ・へたりこみ、騒ぐ、ヘッドフォン・・・
  • 叱る人がいなくなった

自動車では地域の人と人のつながり・ふれあいが稀薄になる

子供を連れていると嫌がられる

  • 利用促進を考えていくことが大事
  • 利用を阻害する要因をなくす

(6)全体

特に不便に感じない、事足りている

  • 自転車で十分

雨の時に安易に車を使っているかもしれない

  • 天候の面も考慮することが必要

バスはほとんど使わない

泉北高速の料金が高い

人間味あるまちづくりが必要

(7)公共交通の利用促進

公共交通は必要コストである

  • 赤字という考え方はない

みんなでバスを利用すべき

環境のことも考えて、公共交通を利用すべき

マイカーは極力排除しないといけない

市役所駐車場はいらない。
しかし、事情がある人には車は必要
ものぐさの利用はなくすべき

  • 大きな問題であり、これから議論する

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。
 資料の内容については、「議論の内容」にまとめています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで