このページの先頭です

本文ここから

ネットワークA班

更新日:2012年12月19日

議論の内容

(1)交通体系全体について

便利であれば使う

  • 自分にとって便利なものは歓迎できる

高齢になり車を手放しても大丈夫な公共交通政策が必要

公共交通政策、地理的条件など色々問題あり

  • 阪堺線、阪和線等地区ごとで異なる

まちづくり、拠点づくり

  • これを支える交通手段の構築

堺市にいわゆる公共が経営しているものがなく、全て私鉄に頼っている

  • 総合交通を踏まえて市が主体的に運営すべき

単独では面をカバーできない

  • 個々の交通の組み合わせで乗り換え、運賃抵抗を除く

(2)阪堺線

地元と事業者に意識の差がある

阪堺線だけ何故優遇するのか

  • 他の地区、施策を支援すべき
  • 補助は永久施策ではない
  • やめたい人はやめて、新規参入する企業を探すべき

(3)バスの利便性

表定速度の向上

  • バス・・・周りの車の影響
  • ワンマン・・・料金徴収のロス

堺東から堺

  • バス・・・時間が不安定

南海バス

  • 深井~堺東(~綾の町)1時間あたり1本
  • 乗りたくても乗れない
  • 本数増

東西方向の移動の利便性向上

  • 栂~津久野は1回で行けない

(4)乗り換え・バリアフリーなど

駅中心のバス網となっている

なんばで地下鉄と南海の乗り換えが不便

利用者の事を考えるべき

阪堺我孫子道乗り換え

  • バリアフリー化されてない
  • 高齢者にとって不便

三国ケ丘、鳳、羽衣

  • 段差、乗り換えのロス

南海と阪堺電車が別会社になったため、なんばに行く際に七道駅を利用している。同一料金にしてほしい

(5)行政、事業者に対して

市民の声の反映のしくみ

行政、事業者での交通事業に対する姿勢やプロセスを市民に明確化

(6)その他

公共交通(電車、タクシー):飲み会の帰りに使う

バス:不便でほとんど使わない

自転車:身近なアクセスで便利

航空機:遠距離は便利

車:買物、業務で荷物等があるときに便利

個人的に大阪へは地下鉄

堺市内は自転車もしくはバス

関空:南海の空港バスが便利

京葉線の幕張(千葉)付近は満員運行している

利便性と需要のバランスが難しい
例えば、

  • 郊外 パークアンドライド
  • 都心 トランジットモール
  • 相互利用 相直や運賃割引
  • 利用上のバリアフリー化

阪堺線から京都

  • 阪堺線でもイコカが使えると便利

泉北高速の運賃が高い

夜行列車 今では1列車に1人くらい

  • 高速夜間バスが多いのは安いから

堺東、三国ケ丘駅へ自転車では坂がきつい(弱者は登れない)

阪和線の信頼性低い

天気・踏切事故

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。
 資料の内容については、「議論の内容」にまとめています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで