このページの先頭です

本文ここから

利便性向上班について

更新日:2012年12月19日

利便性向上班で話し合いたいこと(ワークショップの最初のお願い)

高齢者や自家用車を利用できない人など、誰もが移動しやすい環境をつくるため、公共交通の利便性を向上させることが大事
⇒「何の交通機関のどこを変えるべきか」「優先的に実施するべき施策」「誰がその役割を担うか」などについて議論

堺市の公共交通利便性向上に係る想い(第1回ワークショップ)

本数やルートが不足、便利なルートになっていない

  • 都心以外のバスの本数が少ない/増便してほしいと言いづらい、さらに減ることが不安
  • ふれあいバスのルートが限定/毎日運行されていない
  • 遠回りになってしまう/乗り換えが不便、時間のロス
  • 最終バスの時刻が早い/夜遅くなると本数が少なくなる

運賃が高い

  • 都心以外で特に高い/南海電鉄と阪堺電車が同じ会社だったときより料金が多くかかる
  • 乗り継ぎの際に運賃が高くなる

高齢者や障害者に優しくない

  • エレベーターがない/障害者の割引制度が会社によってバラバラ

その他使いにくさ

  • ふれあいバスと路線バスのバス停が違う場所でわかりにくい所がある

交通機関の連携・接続について

  • 単独の交通機関では面的にカバーできない

利便性向上に関する方針(第2から5回ワークショップ)

交通手段 項目と内容
バス全般
  • ダイヤ:最終時刻を遅くする 等
  • 本数:増発やデマンドバス等による代替 等
  • 路線・経路:路線の新設 等
  • 車両:車両の大型化 等
  • バス停:わかりやすい案内の設置やベンチ設置等による待合環境改善、利用しやすい位置への変更 等
鉄道等
  • 路線・経路:東西方向をつなぐ 等
  • 乗り継ぎ停車駅:急行等を停車させる駅の見直し 等
  • 駅構内:エレベーターの設置 等
  • 幹線的であるべき路線等:鉄道延伸やLRTの導入 等
  • サービス・魅力:乗りたくなる電車の運行でPR 等
  • 運賃:運賃値下げ 等
交通機関間の連絡
  • 阪堺線-鉄道、鉄道-バス、阪堺線-バスの乗り継ぎ:乗り継ぎターミナル等、拠点の整備 等
  • 自転車-公共交通の乗り継ぎ:駐輪場の整備やサイクルトレインの導入 等
  • 自動車-鉄道の乗り継ぎ:パークアンドライド駐車場の整備 等
  • 阪堺線-自転車の乗り継ぎ:自転車の持ち込み可能な車両改良 等
  • 各種公共施設:駅やバス停と公共施設間の屋根整備 等
  • 運賃:初乗り運賃を安くし、電車・バス・阪堺線のつながりを持たせる 等

発表用資料

 グループ内での議論をもとに作成した発表用の資料です。資料の内容については、「利便性向上班のまとめ」及び「具体的な方策」にまとめています。

発表用資料の画像3

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策担当

電話番号:072-228-7756

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで