このページの先頭です

本文ここから

2018年度

更新日:2021年4月19日

2018年度

パーソン・ワトゥソンさん  2020年11月時点

(1)パーソン・ワトゥソン
(2)ラオス
(3)ラオス
(4)ジェトロビェンチャン事務所で働いています。
(5)このプログラムのおかけで初めて海外を出られていろいろなことが私にとっては新しい経験です。空港を出たとき、出口のところに参加した皆さんの写真を出してもらったよかったです。堺市のお祭りで、いろいろ文化を見れました。それに、昔から今までの変わったことを見ました。例えば、伝統的な服、身なりなど。。。
(6)ラオスの事を小学校の皆様に紹介できたことです。学校の皆様から紹介してくれたこともあってとても楽しかったです。それに、日本の小学校と中学校の学校生活も知ることができました。また、ホストファミリーと過ごすこともできてよかった。堺市の有名な場所へ行って、歴史を知ったり、珍しい物を見ました。また、参加したアセアン諸国の皆さんと友達になれてとてもよかったです。
(7)旅行するために貯金することが、今の目標です。夢は、農業ビジネスをすることです。
(8)堺市の有名なたこ焼き店に行きたい。

マハッサジャン・ナンタラートさん  2020年11月時点

(1)ナンタラート マハッサジャン
(2)ラオス
(3)ラオス ビエンチャン
(4)ラオス国立大学文学部日本語学科の4年生
(5)私の印象深いことは、このプログラムのみんなが優しくしてくれたことです。そして、ホストファミリーもとても親切にしてくださり、お世話になりました。2週間堺に住んでいる間に沢山の経験を得ることができて、とても印象に残っています。
(6)このプログラムに参加して日本の文化だけではなく、様々な文化を知り、実感することができてよかったです。また、自分の国のことを日本人の生徒たちに発表したことです。
(7)私の目標は卒業した後でラオスにある日本の会社で働くことです。しかし、私の夢は日本に戻ることです。理由は日本で就職か進学をしたいと考えているからです。
(8)今後堺に行った時に、堺のお好み焼きを食べに行きたいと思います。

ミョー・ティリ・トゥさん  2020年11月時点

(1)ミョーティリトゥ
(2)ミャンマー
(3)ミャンマー バゴー 
(4)2020年1月にヤンゴン外国語大学を卒業し、国際交流基金の日本語教師養成プログラムに受講して以来、日本語の教師としてバイトしています。
前はヤンゴンのアパートで一人暮らしをしてましたが、コロナウイルスの感染者が数多く増えてきたので今、家族と一緒に出身地であるバゴーに住んでます。今は家にいながら、ネットを通じてZoomアプリを使い、オンラインコースに挑戦してクラスをやってます。ジュエリーデザインにも興味をもってますので、それも学んでいます。後、英語力を高め、中国語も少し勉強してます。コロナウイルスのせいでちょっと厳しい生活を送ってますが、頑張っていくつもりです。
(5)印象深いエピソードと言えば、小学校での子どもたちとの交流です。日本はもともとから礼儀正しく、誠実な人が多く、ルールを守って他人には迷惑をかけないタイプだとは聞きましたが、それが体験できたのでとても良かったです。まだまだ小さな子どもなのに礼儀正しくて、素直で、自分の力でなんでもやろうっていう印象が、私がイメージしていたより強かったです。先生の話をよく聞かない子は何人かいたのですが、それにしてはほとんどの皆さんがあまりにも可愛くて、頭がよくて、彼らを見て日本の将来のことが想像できます。日本が世界中の先進国の一つであるのは、受ける教育制度に基づいているのかなぁ、と思いました。ミャンマーも今からどんどん変えないといけない気がします。
(6)民間大使プログラムに参加させて頂いたのは良い機会であり、とっても楽しかったです。皆様に分からないことや困ったことなどいろいろと助けていただき、堺市の皆様にはお世話になりました。堺市にいる間、毎日毎日面白いことばかりでした。和菓子作りの体験とか羽衣大学で皆とバトミントンすること、タケモトピアノ株式会社においての見学、自転車の博物館、様々な形の刀の展示、ホストファミリーとの毎日の暮らし、学校での可愛い学生さんとの交流などはとても貴重な時間でした。
(7)将来、日本へ留学して通訳者になるつもりです。そして、困った人を助け、ミャンマーと日本のかけ橋として自分の能力を生かし、最大限のパフォーマンスを発揮したいと思います。
(8)堺市のお店はどんな店でも美味しかったので、また行きたいという所は特に決まってないのですが、私たちに和菓子作りを教えてくださった前田さんのお店(「有限会社宝泉菓子舗」)へ行きたいです。

ゴンカモン・ラウペットさん  2020年11月時点

(1)ゴンカモン
(2)タイ
(3)タイ アユタヤ県
(4)ヒカリテックという会社で日本語の通訳として働いています。
(5)民間大使プログラムに参加した時の印象深いのは京都に新幹線で見学しに行った時です。
(7)今の目標は日本語能力試験2級に合格したいです

リー・ヴー・ヴィーさん  2020年11月時点

(1)リー・ヴー・ヴィー
(2)ベトナム
(3)ベトナム ダナン
(4)日本のIT会社で働いています。
(5)民間大使プログラムに参加できて、大変うれしかったです。前は日本人が冷静だと思ったんですが、来た時に親切で、明るい日本人と話したり、堺市のことを紹介してもらったりしたのは、今でも忘れられない印象です。
(6)民間大使の活動を通じて、日本人が団体を重んじて、仕事を進めるのはいい勉強だと考えました。さらに、自立していて、礼儀正しい子どもたちからいろいろなことを学びました。東南アジアの大学生たちと会えたのも、よかったと思います。
(7)来年、日本での就職か進学の予定があります。
(8)好きな堺の店の名前は覚えていませんが、戻るチャンスがあれば、茶道体験の所・包丁の店・寿司、天ぷら、お好み焼きの店にぜひ行きたいと思います。そして、必ず観光客に深い印象を与える自転車博物館にも行きます。

このページの作成担当

文化観光局 国際部 アセアン交流推進室

電話番号:072-222-7343

ファクス:072-228-7900

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで