このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アセアン文化講座2021の様子

更新日:2021年12月27日

ミャンマーのタナカ入り手作り石けんオンラインワークショップ

ミャンマーで約2000年前から化粧品や日焼け止めとして使用されているタナカのパウダーを入れた石けんを作るワークショップをWeb会議アプリ「Zoom」を使ってオンラインで開催しました。
タナカとは何なのか、またミャンマーではどのように使われているかをパワーポイントで説明しました。参加者さんの中にミャンマーに行ったことがある方が3人おられ、タナカを実際につけた時の感想などを教えていただきました。石けんにまぜた精油は、講師の奥田さんが「東南アジアの街角」をイメージし、15種類以上のアジア発の植物からとれた精油をブレンドして作ってくださいました。
よくこねたやわらかい石けん素地に「東南アジアの街角」の精油とタナカパウダーを加え、自分の好きな形に成型し、自由にドライフラワーで表面を飾ってできあがり。タナカパウダーのやわらかい黄色にドライハーブがのった個性あふれるかわいい石けんができあがりました。

講師

フィトテラピースクール・バウヒニア 奥田ちさこさん

マレーシア料理を現地から生中継で教えてもらおう!

マレーシアペナン島に住むタリナさんのご自宅からZoomウェビナーでマレーシアの文化や料理を生中継で教えていただきました。
実際に飛行機にのって旅行に行くような演出からはじまり、タリナさんのご自宅のお庭に到着し、マレーシアの晴れた空の下でバーリー作りをしていただきました。その後、クリスマスのデコレーションがされてあるご自宅内では、大変貴重な伝統的な食器や箸立てを見せていただきました。キッチンでは丸鶏を使ったチキンライスの作り方を教わりました。タリナさんこだわりの手順がいくつもあり、とてもおいしそうに出来上がりました。青ネギを簡単に飾り花のようにする方法も教えていただきました。
参加者の方からは、マレーシアに行った気分になった、ペナン現地の雰囲気が味わえて楽しかった、など感想をいただきました。

この講座の様子を視聴いただけます

この日ご紹介したタリナさんによる本格レシピと古川音さんアレンジの日本版レシピも一緒に公開しておりますので、ぜひご覧ください。そして、ご自宅でマレーシアのチキンライスとバーリーを作ってみてください。
動画とレシピはこちら

講師

タリナさん(マレーシアペナン在住)

通訳・解説・進行

マレーシア食文化ライター 古川音さん

このページの作成担当

文化観光局 国際部 アセアン交流推進室
電話:072-222-7343 ファックス:072-228-7900
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る