このページの先頭です

本文ここから

建設工事における総合評価落札方式の技術評価点について教えてください

更新日:2020年3月31日

市民の声

 建設工事における総合評価落札方式の技術者加点について、堺市では対象を「監理技術者または(甲型共同企業体として完成した工事の場合は他の構成員の)主任技術者」としていますが、国土交通省では「監理技術者、主任技術者、現場代理人又は担当技術者」としています。
 堺市において現場代理人、担当技術者が加点の対象とならない理由を教えてください。

市の考え方

 現在、国においては、監理技術者や主任技術者に加えて、現場代理人及び担当技術者においても加点対象としていますが、理由としては、昨今、配置予定技術者として申請する技術者が固定化、高齢化してきており、今後の担い手育成、確保の観点から、追加されているとのことです。また、この場合においても、同種工事の経験として求める工事内容について携わる段階で、監理技術者等となりうる国家資格等を有していることを条件としていると聞いております。
 なお、本市では、平成19年度から総合評価落札方式を試行実施し、平成21年度から本格実施しています。
 評価項目のうち「配置予定技術者の施工経験」については、平成19年度の制度導入当初から加点項目に挙げておりますが、当初は、建設工事の適正施工における技術上の管理を司り、一定規模以上の施工経験を有している者を配置した場合に評価すべきと判断したことから、監理技術者のみを加点対象としました。その後、平成24年度に見直しを行い、技術評価の客観性、公平性の確保を図る観点から、一定金額以上の施工経験を条件とした上で、主任技術者も加点対象とするように範囲を拡大しました。
 さらに、令和元年度より、担い手育成、確保を促進する観点から、配置予定技術者の年齢が40歳以下の若年者又は性別が女性である場合に加点することにしました。
 総合評価落札方式における評価項目については、より適切で確実な施工の推進や市内業者の持続的な発展を促せる制度となるよう、今後も検討してまいります。

受付日

令和元年12月3日

担当局部課

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 市政情報課

電話番号:(市政情報係)072-228-7439 (広聴係)072-228-7475

ファクス:072-228-7444

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで